「日本代表、決勝トーナメント進出!」 小西ひろゆき議員が普通のツイートをして話題に

access_time create folder政治・経済・社会
konishi_hiroyuki

現地時間の6月28日、サッカーW杯の日本代表の試合が行われ、ポーランドに敗れたもののグループ2位で決勝トーナメント進出を決めた。

19日の日本初戦でコロンビアに勝利した後、小西ひろゆき参議院議員(@konishihiroyuki)は『Twitter』にて

W杯。主審の目の前でハンド反則でシュートを止めたコロンビア選手。チームを救うための究極の行為は一発レッドカード。反則は絶対悪、退場も最悪ミスだが、我が身を捨てた執念の行為に、あの瞬間に何もせず、失点承知でシュートを見送るだけの国会議員が何人いるだろうかと考えた。安倍政治は罪深い。

と安倍首相に絡めてツイートを行い大いに話題となった。

参考記事:小西ひろゆき参議院議員 W杯の日本戦に絡め「安倍政治は罪深い」とツイートし話題に
https://getnews.jp/archives/2054658[リンク]

今回26日の試合後には、

日本代表、決勝トーナメント進出!最後はじりじりする展開でしたが、本当に良かった。。
前試合から大きな批判を受ける中、ビックセーブを連発した川島選手は本当に素晴らしいと思う。心底、感動しました。

とツイートを行った。
19日のツイートとは一転、いたって「普通」のツイート内容にツッコミが殺到し逆に話題となる。

「安倍出てこないんかーいwww」
「小西師匠、一般人と同じつぶやきされても困ります」
「普通にいいコメント残したら逆に叩かれるのまじ草生える」
「あなた小西ひろゆきさんじゃないですね。小西ひろゆきさん本人にツイートさせてください」
「今日の試合は、安倍政権に例えるとどんな感じですか?小西先生のご意見を是非拝聴したいです!」

といったような返信が寄せられていた。中には、

「日本代表、決勝トーナメント進出!最後はじりじりする展開でしたが、本当に良かった。。 前試合から大きな批判を受ける中、ビックセーブを連発した川島選手は本当に素晴らしいと思う。安倍内閣にビッグセーブを連発できる人はいるだろうか」

と、安倍政権を絡めたツイートを例示する人もいたようである。

※画像は『Twitter』より引用

access_time create folder政治・経済・社会

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧