体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Wear OSに対応したカシオ『PRO TREK Smart WSD-F20』レビュー アウトドアでも街でも活躍するタフネススマートウォッチ[PR]

Wear OSに対応したカシオ『PRO TREK Smart WSD-F20』レビュー アウトドアでも街でも活躍するタフネススマートウォッチ[PR]

もうすぐ梅雨も明けて、外に出るのが楽しくなる季節がやってきます。ゴルフや釣り、トレッキングなどアウトドアシーンで活躍するスマートウォッチが、カシオの『PRO TREK Smart WSD-F20』(以下『WSD-F20』)。OSがAndroid WearからWear OS by Google(以下、Wear OS)にアップデートして進化した同製品のレビューをお届けします。

高尾山でトレッキング機能をチェック

protreksmart2

『WSD-F20』はアメリカのGPS、ロシアのGLONASS、日本のみちびきの3衛星に対応するGPS機能を持ち、Wear OSベースのアプリや独自アプリによる充実したアウトドア対応機能が特徴のスマートウォッチ。まずアウトドアで活躍する機能を検証するために、梅雨の合間の高尾山に行ってみました。

protreksmart3 protreksmart4

京王線・高尾山口駅から少し歩いたところにある清滝駅から、ケーブルカーに乗って高尾山駅を目指します。高度計に表示される清滝駅の高度は262メートルでした(※当日の気圧をもとに計測しているので、より正確を期すのであれば「手動補正」がおすすめ)。ウォッチ本体右上に割り当てられた「TOOL」ボタンを押すと、高度計のほか気圧計、日の出日の入り、タイドグラフ、活動グラフ、コンパスという自然環境情報を表示する6種類のアプリが利用できます。

protreksmart5 protreksmart6

標高472メートルの高尾山駅に到着。ここで、トレッキング、フィッシング、サイクリング、パドル、スノーの6種類のアクティビティを記録できる内蔵アプリ『アクティビティ』を起動、登山道を歩いて行く薬王院への往復を記録してみることに。

protreksmart7

『アクティビティ』アプリのトレッキングモードでは、設定した高度までの残り高度や移動速度、経過時間などを表示。内蔵アプリの『MOMENT SETTER』アプリと連携すると、「200mごとに残り高度を表示」など、設定に応じてゴールまでの活動を支援してくれます。

protreksmart8 protreksmart9

上りの道中、108段の階段がある“男坂”を通過。しんどかった……ということで、ウォッチ本体の右下にある「APP」ボタンから起動できる『LOCATION MEMORY』アプリで、地図上に感情マークを記録しておきました。アプリでは地図上にマークを記録できるほか、音声メモを記録しておくこともできます。

protreksmart10 protreksmart11 protreksmart12

山門をくぐって境内に入り、本堂や本社を参拝。高度600メートル(※補正前の数値)まで登ってきましたが、天気が悪いので山頂は目指さずにケーブルカーの駅まで戻ることに。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。