ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

恐ろし過ぎる!“厄年”でヒドイ目に遭った体験談7連発

どもどもどもども、特殊犯罪アナリスト&裏社会ライターの丸野裕行でっす!

私、こんなバカですが、もう御年42歳でございます。辰年、さそり座、現在絶賛後厄中です!

“厄年”とは、人の一生のうち、俗信で、災いや障りなどの厄難が身に降りかかる恐れが多いので、忌み慎まなければならないいけないという年齢のこと。陰陽道の説に基づいて、普通は男性が25歳、42歳、61歳など。女性が19歳、33歳、37歳というのですが、その年齢は一定しません。特に男42歳、女33歳は大厄と呼ばれ、神社仏閣に出向いて、参詣して厄払いをする習俗があります。本厄前後の年齢を前厄と後厄といい、厄年はこれらを合わせた3年間を指すそうです。

今回は、未だ終わらない私の、そして先輩方の信じられない大厄体験をぜひお聞きください!

得意先が2社倒産、入院、母がなくなる

諸先輩方からは、「本厄はマジでヤバい」「死ぬ!」「精神も肉体的にも、金銭的にもやられる」「詐欺師が寄ってくる」「怪しい誘惑が多い」「新しいことはやるな!」などと、だいぶ脅かされていたんですが、本当にそんな災難ばっかり降りかかるわけないやん。

と甘い考えでいたのですが、数えで40歳になった途端、まずお仕事をいただいていた会社が潰れてしまいました。
収入にして毎月10万円くらいでしょうか。おっと、「これはヤバいぞぉぉ」ということで、ほかのお仕事を増やしてみたんですが、続きまして、ほかのWebライティングをしていた会社が倒産。

電話が不通で、担当者も給料不払いで途方に暮れている感ハンパない!合わせて20万円ほどの月収減になってしまいました。一時的とはいえ、やっぱり借金が増えますよね。

そのうえ、必死こいて金を集めた映画なんかは興行的に失敗するし、年間5回も入院するし、ラジオが放送禁止になって打ち切りになるし、それまで元気だった母が突然の闘病生活になって亡くなるし、もうこの2年くらいでまさに踏んだり蹴ったりです。

もう舐め切っていた本厄は、まだ経験のない方に今のうちに警告しておきますが、「本気で殺しにやってきます!」よ!

さぁここからは、

私めが取材をしてきました本厄経験者6名の体験談をお聞きしていきましょう!

月に4度の追突事故、火事ですべてのものをなくす

厄年でヒドい目に遭った人:神崎裕也さん(仮名/51歳/建設業)

41歳のときから大厄ははじまった。仕事中に、追突されることが1ヵ月の間に3回。さらに、交差点で車を停車させていて、バックで思いっきりぶつかられることがあった。逆突なんだけれども、もう狂ったようにぶつかってくる。最後の1回は、側面に追突された。しかも、相手側の運転手と目が合ったままぶつかってきた。

警察が事故処理しているときに「アンタ、知っててぶつかってきただろう?」と尋ねると、「ええ。すごくあなたの車にぶつかりたくなってしまったんです。なんだったんだろう、あの気分は」って言われてビビった。それから毎月のように事故に遭う。厄が抜けるまで続いた。

厄年でヒドい目に遭った人:加瀬武さん(仮名/44歳/会社員)

厄年の間、一回り下の元カノがずっとストーキングしてきていた。別れたのに勝手に弁当を会社に届けていたり、実家に帰るとなぜか祖母の手を握っていた。「いい加減にしてくれ」と叱責すると、自宅のガス、水道、電気などのライフラインがすべて止まっていた。

厄年でヒドい目に遭った人:H・Fさん(47歳/建設業)

自宅と自分の事務所から火事が出た。

半焼で保険も出ずに、借金を未だに返している。

厄年でヒドい目に遭った人:与謝浩司さん(仮名/43歳/テレビ関連)

厄年のときに女優のハニトラに遭って、離婚。その女優を約2年間テレビに出し続けた。

余命3日、妻の彼氏と同居

厄年でヒドい目に遭った人:T・Gさん(46歳/IT関連)

体調が悪かったので、知り合いの病院に連れて行ってみると、胃に潰瘍が見つかった。おそらく悪性のものらしく、告げられたときにもう死のうと思っていた。茫然自失の状態で病院を出て、死に場所を探した。それも11日間も。自分の会社だったこともあるが、自由になる時間はあった。

キャンプの道具をまとめて、山々を歩き回ったが、伊豆の温泉宿で家族に発見され、病院に連れ戻された。「しっかりとした精密検査をしよう」と医者が再度撮ったレントゲンをみつめたとき、胃の潰瘍がキレイに消えていた。生きた心地がしなかったのに、自然に癒され、完治していた。なんだったんだ、その心労は……。

厄年でヒドい目に遭った人:高木完さん(仮名/43歳/商社マン)

仕事が忙しく、妻がバンドマンと浮気していた。しかし、妻とは別れる気がなかった。だが、妻はそのバンドマンとも別れる気がない。「仲良くしてほしい」とのこと。悪夢の始まりだった。訳が分からないまま、出張から帰るとそのバンドマンが居候している。

それから「本厄のせいだろう」と厄年の間ずっとふたりを見守ったが、一向に別れる気配がない。呆れて43歳になった今年、離婚届に判を押した。

いかがでしたか? 仮に偶然だとしても強烈すぎるエピソードばかりだったのではないでしょうか。

男の厄年を舐めてはいけません! もちろん、無事に過ごす人もいますが、厄年周辺は何かと起こりがちな時期であることも確か。30代後半でアラフォーに足を突っ込んでいるあなた!
気を付けて、本厄をお迎えください!

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 丸野裕行) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy