体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

無糖炭酸ブームの中、スポーティーさが際立つサッカー日本代表公式飲料『キリンヌューダ スパークリング/同 レモン』登場!

 

16歳のFC東京・久保建英選手初出演CMでスポーティーさを前面に出している無糖炭酸シリーズが『キリンヌューダ スパークリング/同 レモン』。炭酸飲料自体は人気を高めていない中で、10年にわたり急成長しているのが無糖炭酸ドリンクで、各社こぞってリリースしているのはご存知の通り。さて、今度はどんな味!?

 

スポーツの後だって、イオン飲料じゃなくて無糖炭酸でシュワシュワしたいという意識高い系アスリートのために!

今まではスポーツの後に飲むものは、イオン飲料と相場が決まっていた。プロのアスリートの間でもきっとそうだろうと思っていたのでは? ところが実際にアンケートをとってみると、プロのサッカー選手はトレーニング後に無糖炭酸水を飲んでいることが判明。

そこでアスリート感を前面に出したキリンビバレッジ『キリンヌューダ スパークリング/同 レモン』(500mlPET・希望小売価格 税抜100円・2018年6月5日発売)。”ヌューダ”シリーズはカタカナ表記だと不思議だが、欧文ではNUDAで、普通にヌーダと発音してもいいようだ。

 

このシリーズは2006年から始まった糖分ゼロの炭酸水シリーズ。サッカー日本代表公式飲料として、JFA公認ロゴを備えての新シリーズ。キリンならではの霊獣とともに、並ぶと、なんだかすごそうに感じてしまうパッケージ。それでは飲んでみよう。

 

『キリンヌューダ スパークリング』

粒立ちの粗い強炭酸がビリビリの刺激を与えてくれる無糖炭酸水。

きっちり冷やしてから飲むと、より美味しい。もちろんこれといった味はしないのだが、ほんのり甘みを感じるタイプの美味しい無糖炭酸。

爽やかでシンプルな美味しさは、確かに汗をかいた後のリフレッシュに最適なのもわかる気がする。

『キリンヌューダ スパークリング レモン』

ほのかなレモンフレーバーがスポーツドリンク感をわずかに感じさせる無糖炭酸。

とはいえ果汁は不使用で香料での風味づけのみ。このわずかな差だけれど、味は少しだけ欲しいという層にはこちらの方が飲みやすいかも。

リフレッシュ感も冷やせば冷やすほど美味しく際立つと感じた。

入手は全国のスーパー、コンビニエンスストアなどで可能だ。

 

 

関連記事リンク(外部サイト)

コーヒーチェリー由来カフェインで目覚めたいけれど甘みは控えたい層向け『スターバックス® スパークリング リフレッシング テイスト(ノンカロリー)/スパークリング ピーチ スプラッシュ(ローカロリー)』!
無糖炭酸ブームに参戦!「自然とのふれあいによる人間性の回復」をテーマにした最強ガス圧炭酸『サントリー 南アルプススパークリング』ってどんな味!?
2014夏『アクエリアス スパークリング』2年ぶりの再会!ごくごく飲める炭酸スポーツ飲料が帰ってきた!
甘さはいらないが刺激は欲しい! 大人のための直飲用無糖炭酸『カナダドライ ザ・タンサン・ストロング/ザ・タンサン・レモン』!
食物繊維由来の違和感を強炭酸化で吹き飛ばした美味しい特保ゼロコーラ『キリン メッツ コーラ』【リニューアル】

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。