秋アニメ『二度目の人生を異世界で』の主要キャストが続々と降板 原作者のヘイトスピーチが原因か

access_time create folderエンタメ
masuda_toshiki

10月より放送開始予定のテレビアニメ『二度目の人生を異世界で』をめぐり、出演予定だった主要キャストが一斉に降板を発表。アニメ公式サイトからもキャスト情報が削除された。

主人公・功刀蓮弥役の声優を務める予定だった増田俊樹さんは、6日に公式『Twitter』を通じて、「先日、増田俊樹が功刀蓮弥役として発表されましたアニメ『二度目の人生を異世界で』につきまして、この度降板させて頂く事が決定いたしました事をご報告させていただきます」と発表。また、シオン=ファム=ファタール役の安野希世乃さん、ローナ=シュヴァリエ役の中島愛さん、創造主役の山下七海さんも降板を発表している。

『二度目の人生を異世界で』は、HJノベルス(ホビージャパン)で刊行中の人気ライトノベルのテレビアニメ化。原作者のまいん氏は、過去にヘイトスピーチに繰り返していたことが発覚して『Twitter』上で炎上騒ぎとなっていた。

同氏は5日に自身の『Twitter』を更新し、「過去のいくつかのツイートにつきまして、多くの方に非常に不快な思いをさせてしまう、不適切な表現がありましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪しているが、主要キャスト降板との関連は明らかになっていない。

降板の発表を受け、各キャストのファンからは心配や安堵のコメントが相次いでいる。代役の情報を含め、今秋無事に放送されるのか、注目が集まっている。

access_time create folderエンタメ
よしだたつき

よしだたつき

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧