体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『セブンイレブン・今週の新商品』全国で特産おにぎり祭!フルーツあんみつとメロンパンも登場

『セブンイレブン・今週の新商品』から注目フードをピックアップ。2018年6月5日(火)から順次発売される商品は、フルーツあんみつが全国的に登場。

スイーツが登場!

フルーツあんみつ 275円(税込297円)

■販売地域

全国
■商品概要

フルーツを盛り付けた涼菓あんみつ。パイナップル、さくらんぼ、白玉、赤えんどう豆、こしあんを盛り付け、歯切れのよい寒天を組み合わせ。あんこや黒みつと相性よく仕上げた。

メロメロメロンパン

メロンクリームのメロンパン 128円(税込138円)

■販売地域

北海道、東北、関東、甲信越、北陸、東海、近畿、中国、四国
■商品概要

外はサクッと中はふわふわ食感に焼き上げた生地に風味のよいメロン果汁入りクリームをサンド。

地域限定のおにぎり祭りの開催

【北関東】焼き明太子のバター醤油おむすび 121円(税込130円)

 

■販売地域

埼玉一部、北関東
■商品概要

カネフクの辛子明太子を中具にしたおむすび。辛子明太子は、炙り焼にして香ばしい食感に仕上げた。まだら醤油飯が、中具との一体感を引き出す。

【北関東】 サンドおむすび照焼チキン 139円(税込150円)

■販売地域

埼玉一部

■商品概要

照焼チキンを中具にしたサンドおむすび。醤油、三温糖、一味唐辛子で甘辛く味付けた照焼チキンに、チーズとマヨネーズを組み合わせて食べ進みよく仕立てた。

【北海道】おむすび&ザンギ(とり五目2個入り) 260円(税込280円)

■販売地域

北海道一部

■商品概要

とり五目おむすびとザンギの詰め合わせ。

【北海道】まるごとザンギおむすび 139円(税込150円)

■販売地域

北海道一部
■商品概要

ザンギを盛り付けたおむすび。昆布だし、かつおだしでうま味を加えた醤油ダレを、御飯にまぶした。

【信州】大きなおむすび鶏つくね(炊き込みごはん) 213円(税込230円)

■販売地域

山梨、長野
■商品概要

炊き込みごはんに鶏のつくねを盛り付けた、食べ応えのある大きなおむすび。鶏つくねは、甘味とうま味のあるタレで味付けた。味のアクセントに、一味唐辛子を加えたマヨネーズをトッピング。

【北陸】蒸し鶏とカリカリ梅のおむすびエゴマ油使用 121円(税込130円)

■販売地域

新潟、北陸
■商品概要

エゴマ油を使用した、カリカリ梅の混ぜ飯おむすび。カリカリ梅と相性のよい、しっとりとした蒸し鶏を組み合わせた。

【近畿】醤油まぶしちりめんおむすび 112円(税込120円)

■販売地域

近畿
■商品概要

ちりめんを使ったおむすび。風味豊かな、木桶仕込みの醤油を御飯にまぶした。

【近畿】手巻おにぎり 炭火焼中落ち牛カルビ 139円(税込150円)

 

■販売地域

近畿
■商品概要

脂のりがよく肉のうま味が味わえる、中落ち牛カルビを中具にした手巻おにぎり。甘めのタレで味付けた。

【中国】味付海苔梅おかか 112円(税込120円)

 

■販売地域

岡山、広島一部、鳥取一部、島根一部、四国
■商品概要

梅おかかを中具にした、味付海苔のおにぎり。梅は、紀州南高梅をたたいて食べやすく仕立てた。おかかは、醤油、砂糖、みりんで炒め煮して、甘辛く味付けた。

【九州】味付海苔おにぎり 納豆ごはん 102円(税込110円)

 

■販売地域

福岡一部、大分
■商品概要

納豆を中具にした、味付海苔のおにぎり。納豆は、だしと醤油を加えて、納豆本来のシンプルな味わい。

今週の総評

フルーツあんみつが全国展開したので、夏の暑さに茹だるときは果物を食べよう。

おにぎり祭りも開催。こんな色んな具があるのかと驚かされる。

関連記事リンク(外部サイト)

『セブンイレブン・今週の新商品』メロンパンシュークリームと抹茶もちもちリングが登場
『セブンイレブン・今週の新商品』ソース焼き飯、ベーコンおかかなど新味おにぎり登場
『セブンイレブン・今週の新商品』もち麦おにぎりが登場 地域限定のパスタもおいしそう
『セブン-イレブン・今週の新商品』一足先の秋の味覚「舞茸おこわおむすび」登場! 地域限定おにぎりも続々
『セブンイレブン・今週の新商品』宇治抹茶ちょこもちや苺プリンパフェが登場

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。