体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1日でなんと22の御朱印がいただける!?御朱印好きの聖地・善光寺へ

1日でなんと22の御朱印がいただける!?御朱印好きの聖地・善光寺へ
長野駅 御朱印帳とライター

今回持参した御朱印帳は“寺院参拝用”にしている赤坂の豊川稲荷のもの。お気に入りです

だいたい年100カ所の寺社仏閣を参拝している、御朱印好きライターの井口エリです。
御朱印とは、主に神社や寺院の参拝者向けにいただける印章・印影のこと。御朱印を通じて神社や寺院と縁を結ぶことができるといわれています。そして最近では神社や寺院ごとに意匠を凝らした美しい御朱印が増えているということもあって、注目が高まっています。

今回の旅の舞台は「一生に一度は善光寺参りといわれる長野市の善光寺。日本最古と伝わる絶対秘仏の「一光三尊(いっこうさんぞん)阿弥陀如来像」がご本尊であり、「宗派を問わずお参りできる」お寺です。

近年、御朱印に注目が集まっていることにより、善光寺も注目されています。
というのも善光寺をはじめ、境内にある大本願、大勧進、釈迦堂などのそれぞれのお寺で御朱印をいただくことができるのです。
善光寺境内図

善光寺境内図(公式サイトより

初めに結果を申し上げると、今回の取材では善光寺周辺6カ所で22もの御朱印をいただきました。所要時間はサクサク回って3時間ほどですが、広いうえに見どころが多く、仲見世通りでは買い物や食事もできるので、時間をかけようと思えばいくらでもかけられます。

御朱印好きの聖地、善光寺へ

長野駅前

善光寺の最寄り駅はJR長野駅。JR東京駅から長野駅までは新幹線で約1時間半。長野駅善光寺口からバスが出ています。

善光寺大門バス停

「善光寺大門」バス停で下車。所要時間約10分、運賃は150円です。

善光寺山門(三門)

バス停から参道を5分ほど歩き、山門をくぐります。重要文化財にも指定されているこの山門(三門)のご本尊は文殊菩薩像。2017年からは外側の回廊を巡り、約15mの高さから本堂を見下ろすことができるようになりました。

善光寺 本堂

御朱印をいただく際、参拝を先に済ませて御朱印をお受けするのがマナー。ただし混雑時などは、先に御朱印の受付をしてから参拝後に受け取る案内をすることもあるそうです。

まずは本堂でお参りをします。
ご本尊を安置している内々陣(ないないじん)。その手前の内陣(ないじん)は約150畳あり、昔はこの内陣に参拝者が寝泊まりをしたのだそう。なお、本堂内陣の参拝時間は季節により違うので、善光寺公式サイトのカレンダーでご確認ください。

びんずる(賓頭廬)尊者(※通常は本堂内の写真撮影禁止)

本堂正面から外陣(げじん)に入ると目に留まる像が、びんずる(賓頭廬)尊者です。いわゆる「撫仏(なでぼとけ)」で、自分の患部と仏さまの同じ場所を触れて神通力にあやかり治してもらう、という信仰があるもの。

おやこ地蔵

本堂の近くにあるおやこ地蔵、山門から本堂に向かって左側にある経蔵(きょうぞう)も参拝。

いよいよ善光寺の御朱印集め

① 善光寺本堂・日本忠霊殿

善光寺 授与品所

善光寺の御朱印は、本堂前の授与品所でいただくことができます。
「善光寺(本堂)」「御詠歌」「山門(文殊菩薩)」「びんずる尊者(撫佛)」「おやこ地蔵」の5種類で各300円。それとは別に、季節限定の書置きの御朱印(別紙で既に書いてあるのをいただける御朱印/500円)が2種類ありました。

1 2 3次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。