ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大蛇マニア歓喜!今ならビルマニシキヘビに安心して急接近できるチャンス!

キャプチャ
世界中のスネークハンターたちに朗報。暖かくなり始めた今の時期なら、世界最大級の大蛇に安全に急接近できてしまうのだという。胎生のアナコンダと異なり、実は卵生のビルマニシキヘビ。ビルマニシキヘビはインド、スリランカ等の熱帯アジアに生息するニシキヘビ科ニシキヘビ属の大型のニシキヘビ。雌は最大6m、雄は最大4mで雌の方が雄より大きい。  キャプチャ
毎年春~初夏に産卵し、ジャングルの巣穴の中でメスが卵を取り囲むようにして温める。卵の世話は雌だけが2ヶ月間卵を抱いて暖め孵化させるのだ。1回に20~40卵、最大で100個以上の卵を産む。雌は卵を抱くようにとぐろを巻き、筋肉を収縮させ体温を上げて卵を暖める。 キャプチャ
ニシキへビの卵は1つ1つ時間をかけて産み落とされるのだが、卵と卵は暖めやすいようにしっかり密着しており、なんともグロテスクになっている。まるで巨大なボールのように一つの塊のようにくっついているのが特徴。

キャプチャ
ビルマニシキヘビが生息するインドなどは、毎年この時期になるとビルマニシキヘビの巣穴に果敢にも体を潜り込ませ、ニシキヘビの養殖のために、卵の回収作業を行っている。 キャプチャ
この時期のオスのニシキヘビのメスはとても気持ちが穏やかになっており、こちらに攻撃して来ることはないらしく、巣穴から回収した卵を農場で孵化の手伝いをしながら育て、やがて自然に返す活動を行っている。

(Written by 山岸悠也)

【Nicheee!編集部のイチオシ】

1匹のメスに大勢のオスが絡み付く?オオアナコンダの積極的過ぎる求愛行動
【完全にアウト】中国の通販サイトで販売されている“チンチラのベッド”「龙猫床」春満開!ヨーロッパオオナマズのダイナミック捕食シーズン到来

Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。