体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ジュラシック・ワールド』のARゲーム『Jurassic World Alive』がアメリカで配信開始 日本はまだの様子

先日もお伝えした『ジュラシック・ワールド』をモチーフとした『ポケモンGO』タイプのARゲームアプリ、『Jurassic World Alive』がアメリカで5月31日に配信開始されました。残念ながら、まだ日本国内ではApp StoreでもGoogle Playでもダウンロードできない状況です。

『Jurassic World Alive』が発表と同時に事前登録開始 『ポケモンGO』のフォロワーがまた登場 [リンク]
https://getnews.jp/archives/2022971


https://twitter.com/JWorldAlive/status/1001826071610888192
公式『Twitter』で配信開始をアナウンスしています。

プレイヤーは“DPG”と呼ばれる恐竜保護グループの新メンバーとして、恐竜を絶滅させないために保存していきます。ドローンを使ってプレイヤーがいる周辺エリアのマップ内に潜んでいる恐竜を追跡し、DNAサンプルを集めていきます。DNAを組み合わせることでハイブリッドな恐竜を作成することも可能です。他のプレイヤーとバトルできるリアルタイムPvPも用意されています。

Jurassic World Alive Game Preview (YouTube)
https://youtu.be/QVaWe54tNXw

『Jurassic World Alive』は基本無料+アプリ内課金モデルですが、月額9.99米ドル(約1080円)のサブスクリプションも用意されています。なおアプリ内課金のメニューは、1.99米ドル(約216円)から99.99米ドル(約1万800円)の範囲となっています。

日本国内での配信については、米ユニバーサル・ピクチャーズ及び開発元のLudia社からの正式なアナウンスはまだありません。

アメリカでは映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が公開されるのが6月22日で、『Jurassic World Alive』の配信は映画公開より1か月弱前倒しになっています。アメリカの例を考慮すると、日本での配信は映画が日本公開される7月13日より1~2週間前になってくるのではないでしょうか。おそらく現在日本語へのローカライズ中なのでしょう。

Jurassic World Alive – Official Game Trailer (YouTube)
https://youtu.be/jAklbbaEMVI

どうしても「『Jurassic World Alive』を遊びたい!」という方は、英語になりますが公式『Twitter』や公式サイトをマメにチェックしてみてはいかがでしょう。

『Jurassic World Alive』公式ウェブサイト [リンク]
https://www.jurassicworldalive.com/

『Jurassic World Alive』公式『Twitter』 [リンク]
https://twitter.com/JWorldAlive

(C)2018 Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. Jurassic World and all related marks and logos are trademarks and copyrights of Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. Licensed by Universal Studios. All Rights Reserved.

※画像とソース:
https://itunes.apple.com/us/app/jurassic-world-alive/id1231085864

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。