体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本で唯一苦手なことは「シャコウジレイ…」一流企業脱サラ芸人【アイクぬわら】のクレイジー人生に学ぶ

日本で唯一苦手なことは「シャコウジレイ…」一流企業脱サラ芸人【アイクぬわら】のクレイジー人生に学ぶ

ものまねネタ「東京ディズニーシーの入り口アナウンス」から、コアラ小嵐とのコンビ・ぬわらしの南京玉簾アメリカンスタイル、超新塾のメンバーとしても活躍するほか、テレビ東京の「おはスタ」のMCを担当するなど、人気上昇中のお笑い芸人、アイクぬわら。ニューヨーク生まれシアトル育ちで20歳になるまで日本のことはほとんど知らなかったというアメリカ人は、なぜ日本でお笑い芸人になったのか。言葉もまるでできない中、いきなり大阪にやってきてしまったり、以前はゴールドマンサックスに勤めていたという。日本人はもちろん、アメリカ人もびっくりのクレイジーな人生に学ぶ。


日本といえば、ニンジャ、サムライ、スシくらい

――アメリカでも、やっぱりコメディとか好きだったんですか。

アイク:ぜんぜん(笑)。ITエンジニアのほうがカッコイイと思っていました。Googleとか大手企業に入って、ネットワークエンジニアになりたいと考えていて。ただ、今になって振り返ってみると、人を笑わせるのは好きだった。

――両親がコメディ好きだったとか?

アイク:ぜんぜん(笑)。両親ともに薬剤師でした。家族はみんな医療関係なんです。弟は歯医者。妹はナースになろうと大学を目指しているところ。そんな中で、いきなりワケわからんのが僕で、お笑い芸人(笑)。自分でもクレイジーだと思う。でも、お母さんは応援してくれました。僕の性格を知っているから。人を傷つけなければ、何をしてもいい、と。

自分がカッコイイと思ったものは全部やりたがるんです。お母さんの友達の息子がITをやっていて、部屋がPCだらけで、かっこいい!、と思って9歳からITを独学で始めました。プレイステーションの『トニー・ホーク』でスケボーかっこいい!、と思ってスケボーを始めて、MTVでマイケル・ジャクソンの『スリラー』のビデオを見てダンスを始めて。教会でピアノに興味を持ったらお母さんが先生を見つけてきてくれて、ピアノとサクソフォンもドラムもできるようになりました。お父さんは弁護士か医者になれ、と言ってましたけど(笑)

――大学でITを学んで飛び級して20歳で卒業されます。それが、どうして日本のお笑い芸人に?

アイク:9歳からITをやってたので、大学はあまり学びもなくて。いつも、おもろないなぁ、と思ってました(笑)。それであるとき、シアトルのダウンタウンをブラブラしていて、たまたま日本のDVDショップに入ったら、『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』の映像が流れてたんです。変な人が早朝に“バズーカ”を持って、寝ている人を起こしにいくんですけど、そのクレイジーさに、なんだこれは、と驚いて。

――日本については、ご存じだったんですか。

アイク:まったく(笑)。日本のことは知らなかった。ニンジャ、サムライ、スシくらい。ホントです。それで、この変な人は誰だ、と見たら高田純次と書いてある。なんだ、中国人じゃなかったんだと思って(笑)。でも、なんか面白かった。

新しいチャレンジが好きなんですよ。それで、お店の人にお勧めしてもらって。あのバズーカみたいなの、他にないの、と(笑)。借りて観たのが、ダウンタウンの『ごっつええ感じ』。言葉はまったくわからないんだけど、なんか面白かった。それからアンタッチャブルさん、おぎやはぎさん、ナインティナインさんとどんどん観て。これが日本への興味の入り口になったんです。

日本の音楽にも興味が出て、スピッツ、ミスチル、ユーミン、シーモ(SEAMO)、ジブラ、GAGLE。近所にあった日本料理屋にも行くようになって。仲良くなった店員のミカちゃんは神奈川県出身だと聞いて(笑)。

Google検索すると、大阪と出た

――それで日本に来ちゃったんですか?

アイク:そうです。子どものころから、何かいいなと思ったらやってしまう性格だったから(笑)。僕は日本に行って、お笑い芸人になるんだ、と決めて。ちょうど大学も卒業したばかりだったし、失敗したらアメリカに戻って、IT会社に入ればいいや、と思ってました。どこでも行けるんちゃうかな、と。

でも、日本のことはよくわからないので、Google検索。Google先生に頼んで「Japanese」「comedy」「where」と入力したら、関西、大阪、吉本と出た(笑)。どこか知らないけど、ここに行ってみるか、と。本当ですよ(笑)。今から振り返ってみたら、イカれてますよね(笑)。友人にも、クレイジーだと言われました。知らん国でお笑い芸人になる、って言葉もできないのに、意味わからんよ、と(笑)。

――でも、本当に大阪に着いてしまった。

アイク:着いてびっくりしたのは、当たり前ですけどまわりを見ても何も読めなくて(笑)。言ってることもわからない。まいったなぁ、困ったなぁという顔をしてたんでしょうね。スーツケースを持って英語のガイドブックを広げてたら、「Excuse me」と。60代くらいのご夫婦がカタコトの英語で声をかけてくれました。「help?」「student?」と言われて英語で話してたんですが、まったく話が通じず…。とりあえずご飯を食べよう、とロイヤルホストに連れていってもらい。

お洒落な店だなナァと思って、シートに座ったら、ご夫婦がコソコソしゃべってるんですよ。アメリカ人に何を出せばいいか、相談してたんだと思います。それで出てきたのがオムライス。これが感動的で。うまい!と思って(笑)。

食べながら、事情を全部、ゆっくり説明しました。コマツさんというご夫婦だったんですが、日本でお笑い芸人になりたい、って言ったらまぁびっくりですよね。日本語できないのに(笑)。とりあえずホテルに行きます、5万円持ってるから、と言ったら、またびっくりされて。何日も居られないよ、5万円では、と。だったら、仕事が見つかるまでウチに泊まっていきなさい、と言われたんです。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。