体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【春から夏に営業するスキー場!?】常識破りの月山スキー場に行ってみた

【春から夏に営業するスキー場!?】常識破りの月山スキー場に行ってみた

こんにちは! 旅と温泉とロックンロールをこよなく愛する体育会系グルメ男子、山形出身のフリーライター矢口優太です。今回は地元出身者の私がおすすめする、常識破りのスキー場と山形グルメを巡る旅をご紹介します。

山形県西川町に位置する月山(がっさん)スキー場。羽黒山、湯殿山(ゆどのさん)とともに出羽三山に数えられる霊験高き神聖な月山に、春からオープンするスキー場があることを皆さんはご存じでしょうか? 新緑の春を迎え、全国のスキー場が営業終了となるなか、月山スキー場は例年4月から7月まで営業する珍しいスキー場なんですよ。

今回は、1日目に山形県の郷土料理やスイーツ店を巡り、2日目に春スキーを楽しむ、1泊2日の旅をご紹介します。

山形新幹線の醍醐味といえば日本一売れる駅弁!

JR東京駅から山形新幹線つばさへ乗り込みJR山形駅へと向かいます。
山形新幹線つばさ

スタイリッシュなデザインの新幹線つばさ

山形新幹線つばさといえば、日本一売れる駅弁といわれている「牛肉どまん中」。新幹線乗車時に車内販売の売り子さんに予約すれば、JR米沢駅で積み込まれる、できたてホカホカの駅弁を受け取れます。

牛肉どまん中

甘しょっぱく煮込まれた米沢牛と、山形のブランド米どまんなかの相性が抜群。山形グルメ旅は、新幹線に乗ったときから始まっているのです。

日本一のスイーツ県!山形県民はケーキが大好き

約2時間40分でJR山形駅に到着。ちょうどおやつの時間だったので、山形県民が大好きなケーキを求めてタクシー乗り場へ。日本で最もお菓子屋さんが多いといわれる山形県は、いわば日本一のスイーツ県。手土産にはケーキという習慣があるほど、洋菓子が身近な存在なんですよ。
山形駅 新幹線乗り場

山形駅に到着したら東口のタクシー乗り場へ

山形市内の洋菓子店は郊外にあることが多いので、山形駅からはタクシー利用がおすすめです。駅から5キロ圏内に有名菓子屋店が点在しているので、片道1,000円前後でおいしいスイーツ店にたどり着くことができますよ。
山形駅 東口タクシー乗り場

世話焼きで親切な運転手さんが多い山形のタクシー

目当ての洋菓子店の名前を運転手さんに告げると、「先日も県外からわざわざ来た人がいたんだよ」。
自分でも手土産を買いに、何度か訪れたことがあるそうですよ。

欧風洋菓子ローリエ 外観

そのうわさの名店がこちら「欧風洋菓子ローリエ」さん。山形駅からはタクシーで10分ほど。住宅街の中にひっそりとたたずむ洋菓子の名店には、お客さんが途切れることなく訪れていました。
欧風洋菓子ローリエ 二代目ご主人

1964年から続く老舗の二代目ご主人、伊藤啓二さん

ショーケースに所狭しと並ぶ魅惑のスイーツたち。人気はエクレア、シュークリーム、ショートケーキなんだそう。お客さんには必ずおまけをつけてくれることでも有名で、優しいご主人の人柄があふれています。

欧風洋菓子ローリエ ケーキ

人気のスイーツ3種類を購入した私にも、もれなくおまけが2種類もついてきました。店内にはイートインがないので、私はお茶を持って近くの公園へ移動。たっぷり生クリームが特徴のローリエですが、どれもしつこさがなく、不思議とペロリと食べることができます。甘いものが苦手な男性にもおすすめですよ。

郷土料理「いも煮」ははずせない!

夕食は地酒と郷土料理が揃う名店へ。山形駅から徒歩5分、駅前通りにある創業30年以上の郷土料理店「花膳」さんは、山形名物を提供する数あるお店の中でも、市内随一の郷土料理メニューを誇る、観光客には絶対におすすめのお店です。

花膳 いも煮

山形を代表する郷土料理といえば、やはり「いも煮」でしょう。秋になると河原に食材を持ち寄り、鍋を囲んで一杯やるのが秋の風物詩。こちらでは一年を通じて味わうことができるので、山形グルメ旅にはもってこいのお店です。
花膳 地酒と郷土料理

1 2次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。