体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エバンジェリスト西脇資哲氏・野水克也氏と学ぶ!ソーシャル時代の動画活用と基礎テクニック

エバンジェリスト西脇資哲氏・野水克也氏と学ぶ!ソーシャル時代の動画活用と基礎テクニック

ソーシャルメディアの普及で、動画が身近なものになってきました。YouTubeに動画をアップして反響を楽しんだり、SNSでのタイムラインでも見かけるようになりましたね。かつては動画の撮影といえばビデオカメラを用いるのが当たり前でしたが、一眼レフカメラやミラーレス一眼、さらにはスマートフォンやタブレットなどでも手軽に撮影できるようになってきました。

動画は文字や写真よりも情報量が多く、伝わる力も強いため、企業のプロモーションなどにも活用するシーンが増えてきました。一方で、撮影する機材や編集の仕方などで悩む人も多いのではないでしょうか。今回は動画撮影に関する基礎知識についてお届けします。

今回動画撮影や編集のテクニックを伝授してくれるファシリテーターは、日本マイクロソフトのITエバンジェリスト西脇資哲さん、そしてプロの視点でナビゲートしてくれるのは、サイボウズで広告宣伝やマーケティングのエバンジェリストとして活動しながら、フリービデオグラファーとしても活躍している野水克也さんです。

プロフィール

西脇 資哲さん(日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員 エバンジェリスト)

日本経済新聞でも紹介されたITエバンジェリスト。マイクロソフトでの活動のほか、ドローン、プレゼンテーションやコミュニケーションから、トップアイドルグループ乃木坂46とのラジオ番組まで担当。TBSテレビでも番組を持つなどメディアにも積極的。さらにはTwitterフォロワー約10万人で毎週トレンド上位をたたき出している。

野水 克也さん(サイボウズ株式会社 社長室 フェロー 兼 フリービデオグラファー)

大学卒業後、北陸の番組制作会社でキー局の北陸担当カメラマンおよびローカルのディレクターを8年勤める。サイボウズでは広告宣伝担当やマーケティング部長を歴任して現職、年間100回を超える講演のエバンジェリスト活動の傍ら、副業として自治体の観光PR動画や空撮、インディーズアーティストやIT企業のプロモーションビデオを制作。

ソーシャルで映える撮影テクニックとは?

西脇:今回は野水克也さんに動画撮影と編集テクニックについてレクチャーしていただくのですが、その前にまずはソーシャルメディアでどういう写真を撮るといわゆるインスタ映えするのか、その極意をお伝えしたいと思います。

インスタ映えするのは、やはりカラーが多いことが重要です。白黒に加えてカラーバリエーションを多く入れましょう。おしゃれな空間は角度で決まります。影が出ず、うまく光が入る角度を考えながら、撮影すると華やかな写真になります。

料理の写真を撮る際は、手や道具・液体などで動きを見せたり、まっすぐ「横」や「縦」に撮るより、斜めに角度をつけて撮ったほうがインスタ映えします。器に入っている料理は立体感を出すために持ち上げると効果的です。

また、「手前」と「奥」を意識して背景をボカしたり、カメラを近づけてズームにするとプロが撮ったような写真になります。食事やお皿など撮りたいものの全体像を撮らず、見る人に想像させることも上級テクニックの一つです。気をつけたいのは、おしぼりやテーブルの上のごみなど、余計なものを写らないようにすること。足元や手を付けた料理なども写らないようにしましょう。


西脇さん直伝のソーシャルで映える撮影テクニック

・カラフルであること

・おしゃれ感があること

・動きがあること

斜めに撮ること、角度をつけること

奥行きを作ること/ポートレートにすること

・ズームにする

・持ち上げる

・想像させる/期待させる

全部を撮らない

余計なものを撮らない

絶対にやっておくべきこととしては、何枚も撮ること、カメラのレンズは絶対に“拭いておく”こと、自然光で撮る、あるいは照明を入れること、自分の影を映りこませないことなどです。

また、写真撮影時のマナーと注意事項として、できれば周囲に「撮影」していることを伝えること、撮影した食事は必ず食べること、関係者への御礼や公序良俗は意識すること、そして自分をあまり作りすぎないことですね。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。