ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

伊豆に行ったら絶対に外せない!インスタ映えの聖地へ

伊豆に行ったら絶対に外せない!インスタ映えの聖地へ

計画を立てるのが苦手だ。
常に行き当たりばったりで過ごしてしまう。この無計画さが何を引き起こしたかを聞いてほしい。

卒業旅行に行き損ねたのである。

かなりスネていた時、びゅうたび編集部から「伊豆でダラダラしませんか」と連絡が。
願ったりかなったりの提案……っ。
東京からさくっと行けるのに、今まで行ったことがなかった伊豆。
さっそく友達と2人で行ってきました!

伊豆で一番のんびりできる場所へ!

というわけで今回向かうのは、中伊豆。
JR東京駅から、修善寺行の特急「踊り子」号に乗車し、約2時間。伊豆長岡駅で下車します。
そこからバスで10分ほどで、本日1つ目の目的地である、標高452mの葛城山山頂に広がる公園、伊豆の国パノラマパークに到着!

伊豆の国パノラマパーク 外観

まずは、ロープウェイで一気に山頂まで!

伊豆の国パノラマパーク ロープウェイ内部 はましゃか

伊豆の楽園発見!富士見テラス

伊豆の国パノラマパーク 展望デッキ はましゃか

山頂にロープウェイで登る、旅行のベタなパターンで終了と思われたあなた、本日の主役はこの展望台の奥に鎮座しているのだ。

伊豆の国パノラマパーク 富士見テラス プレミアムラウンジ

それがこちらの「富士見テラス プレミアムラウンジ」である。
広々とした空間を、友達や家族と独占! デイベッドでくつろぎながら、富士山や駿河湾などの景色を楽しめる。歩きっぱなしで疲れがちな観光スポットに燦然と輝く、リラックス空間なのだ。

伊豆の国パノラマパーク 富士見テラス プレミアムラウンジ はましゃか

な、なんじゃこのVIP感! まるで豪華ホテルのスイートルーム(泊まったことないけど)のバルコニーにいる気分!
一瞬でピークに達する「ウチら今マジセレブじゃね?」感。

この景色とプライベートに区切られた空間が1時間2,000円で2名まで利用できる(要予約)というのだから、お得と言わざるを得ない。隣接しているカフェでフードを注文すると、ここでダラダラしているだけで運んでいただける。VIPだ。VIPすぎる。

伊豆の国パノラマパーク 富士見テラス プレミアムラウンジ 富士見だんご

さっそく伊豆名物である「富士見だんご」をいただく。

伊豆の国パノラマパーク 団子を食べるはましゃか

ばくっ。もち〜。
「んっ、んまい……」

自然を眺めながら食べる甘味ほど、おいしく感じられるものはないのだ。
加えて、手に持てる食べ物の写真はモテる。

〜数十分後〜

伊豆の国パノラマパーク 富士見テラス プレミアムラウンジで眠るはましゃか

おわかりいただけただろうか……。

満腹になり、ガチで睡眠した私である。夢に富士山が出てきた。
空間すべてがベッドという、横になるほかないこの空間。
寝るのが好きだが旅行もしたいというナマケモノミーハーにはうってつけ。

楽しみ尽くしたところで、本日の宿へ向かうことに。

修善寺の旅館で温泉&グルメを満喫!

伊豆長岡駅まで戻り、伊豆箱根鉄道駿豆線で15分ほど揺られて修善寺駅へ。
駅からバスに乗り約10分、「みゆき橋」停留所で降りれば、すぐそこ。

これが今日お世話になる旅館「桂川」。

桂川 内観

これぞ豪華旅館といった内装にワクワクしつつ、部屋へ向かう。

桂川 客室
1 2 3次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。