ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • サイモン・ペッグ、スティーヴン・スピルバーグの映画『 Ready Player One (原題)』に出演へ
  • 美しいランペドゥーサ島に漂う移民・難民の“真の姿”を映し出す 衝撃のドキュメンタリー『海は燃えている』
  • 映画『ラブライブ!』観客動員100万人突破 「ラブライバーに好きなアイマスキャラ聞いてみた」
  • 【今週の“誰得”映画】『ギャルバサラ 戦国時代は圏外です』
  • 大人の色気がヤバイ! 玉木宏にジーッと見つめられる『ラブ×ドック』劇中映像
  • 今秋は旅系おバカ映画“セカヒャー”にご注目! 『世界の果てまでヒャッハー!』予告編解禁
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • ネタバレを見ずに行って欲しい! 映画『BORUTO-NARUTO THE MOVIE-』これが父となったナルトの姿![映画レビュー]
  • 【独占記事】アリシア・ヴィカンダー、ヴィム・ヴェンダース監督のスリラー映画『Submergence(原題)』に出演を交渉中
  • 『パージ:大統領令』独占本編映像 “殺人し放題”の夜、通行人はすべて自分たちを狙っている……[ホラー通信]
  • 【動画】この美女ミイラになら襲われたい?! トム・クルーズも「ゾクゾクする」と太鼓判
  • 伝説の“歯ギター”も披露! ジミヘン伝記映画で主人公の“完コピ”っぷりがスゴイ
  • クリストファー・ノーラン、映画『Dunkirk(原題)』の撮影をフランスで開始
  • レジェンダリー・エンターテイメント、ゲーム『ポケモン』を実写映画化
  • 【動画】大野拓朗に抱かれた巨大猫の「金時」に会場うっとり『猫忍』初日舞台挨拶レポ
  • 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』、ジャー・ジャー・ビンクスの出演やスタッフロール後の映像はないことが判明

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【海外レポート】アムステルダムでトップデザイナーの自宅に訪問

前回からの続き)インテリア・デザインの祭典「ミラノ・サローネ」の前に、アムステルダムで、今注目のデザイナーPiet Boonの自邸を訪問。果たして人気デザイナーの自邸は、どんな空間なのだろうか?

■いよいよ、Piet Boonの自邸を訪問

アムステルダム在住で世界的に活躍する建築インテリアデザイナー、Piet Boon。そのオフィスから車で10分も走れば田園風景の中、彼の自宅は運河も流れる広い敷地に、母屋とゲストルームの離れがプールのある中庭を囲んで建っていた。

Piet Boon自邸の庭庭のアウトドア家具もPiet Boonデザイン 庭のアウトドア家具もPiet BoonデザインソファでくつろぐPiet

アウトドア・ベッドで寛ぐPiet、取材中にNY出張から戻ったところ

家の中に入ると、Pietの家具をインテリア・スタイリストのKarin夫人が得意な’MIX’コーディネーションで、ショールームよりもCOZY(心地よい)& WARMY(温か)な空間につくり上げていた。家具は皮・木・布・スチールと、違った素材をMIX。小物やアートも、国籍・年代・素材の違うものをMIXしているが、カラーで統一感を出していた。

暖炉のあるリビング ソファにて

「大好きな『Emi Wada』の本を古着でカバーリングして飾っているの」と、Karinさんの小物には全て素敵なストーリーがある。

ディスプレイダイニングから奥のキッチンを望む ダイニングから奥のキッチンを望むバスルーム 洗面

バスルーム・洗面は主寝室から連続したプライベート空間になっている

■インテリアデザインのTipsは”Imperfection” & “Change”

Karinさんが教えてくれたインテリアのTips(アイデア)、「’Imperfection’不完全で少し崩すのがポイントよ」。高級なものばかりや同時代、同じブランドばかりで揃えてしまうと堅苦しくなる。彼女はお母様のシンプルな帽子を飾り戸棚に指し色で使ってみたり、それがCOZYなMyHome感を醸し出していた。

もう一つのアイデアは「’Change’を楽しむこと。ベースの家具はシンプルなソフトグレーなどにして、クッションや小物の色彩で季節を楽しんで」と、カーテンを明・暗色のリバーシブルに作って、夏冬で簡単に裏表を変えることができるアイデアを紹介してくれた。

インテリアのTips

取材後、ディナーを用意してくれたBoon夫妻と共にお食事。

ホームパーティ

Pietは超ハンサム&ナイスGuy、気さくなジョークで会話を楽しませてくれた。ご自宅で、お子様達とご夫婦の素敵な関係性を垣間見て、住まいをデザインする人に必要なものは何かを教えられた気がした。

Piet夫妻 Pietと藤井

実はPiet Boonという家具ブランドに私が出会ったのも、2008年のミラノ・サローネだった。今年のサローネでも、そんな新しい出会いがある事を願ってMilanへGO!

引き続き現地からのレポートをお楽しみに。
元画像url
住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

関連記事リンク(外部サイト)

インテリア界のアカデミー賞!日本人デザイナー×日本企業で初受賞
【速報】ミラノ・サローネ2017[上] 世界のトップデザイナーが集結! 佐藤オオキ氏、吉岡徳仁氏の作品も
【速報】ミラノ・サローネ2017[中] 2年に1度の国際照明見本市から最新の照明デザインをレポート!

SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。