ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

約1万人の人脈を持つ芸人が明かす、のしあがるためのSNS活用術

約1万人の人脈を持つ芸人が明かす、のしあがるためのSNS活用術

友だちの数10000人超、LINEの友だち登録MAX5000件、直接連絡できる社長の数1000人、年間総会食数500回。

「日本一会える芸能人」として、多くの人と交流をしているカラテカの入江慎也さん。

彼はどのように交流を広げているのか。

『入江式 のしあがる力(ちから。)』(ゴマブックス刊)は、のしあがり方がわからない、勇気がなくて一歩が踏み出せないといった人に、どうしたらのしあがっていけるかについて、入江さん本人の体験をもとに紹介した一冊だ。

LINE、Twitter、Instagram、FacebookなどのSNSは、人との交流において欠かせないツール。もちろん入江さんもこれらを活用して人脈を作っている。情報をチェックするのに活用しない手はない、ということだ。

入江さんはこれまで、初対面の人と会う前にSNSをチェックしたり、仲のいい先輩のSNSをこまめにチェックすることが、その後の信頼関係や新たな人脈につながってきたという。また、自身のことも知ってもらうために、TwitterやInstagramなどでこまめに情報発信を続けている。1万人を越える人脈を築けているのも、基本はSNSを上手に活用しているからだといえるのだ。

では、入江氏はどのようにSNSを活用しているのか。本書を見てみよう。

入江さんは、初対面の人に会う場合、ただやみくもにSNSをチェックすればいいというわけではないと述べる。「あなたのこと、知っていますよ」とアピールするのはいいが、その加減を間違えてはいけないということだ。

例えば初対面の相手に「昨日は焼肉食べていましたよね」「最近、○○に行きましたよね」と開口一番言われたら、嫌な感じを覚えないだろうか。なぜ知ってるんだ、と私生活を詮索されているような気分になる。一方的に親近感を持って、距離感を詰めようとするのは、かえって逆効果といえる。

Twitterやブログは、あくまでも相手がどんな趣味を持ち、どんな思考の持ち主なのかを予測するためにチェックするようにしているだけで、相手のすべてを知るためのものではない、というのが入江さんの考え方だ。

また、入江氏がLINEのやりとりの際に気を遣っているのが、返信する際の文章量だ。

相手から長文のメッセージが来た場合、それにはその人の費やした時間と相手を思う熱量が込められているもの。それをどう受け止め、どう返信すれば適切なのだろうか。

答えは、「相手の文章量プラス5行」だと入江さんは述べる。これが一番相手を不快にせず、喜んでもらえるちょうどいい量なのだという。

さらに、絵文字もチェックしておかなければいけない。絵文字が多用されている場合は、相手に合わせて、ほどよく絵文字をプラスする。相手の文章スタイルに合わせることで、相手に自然と好印象を与え、お互いの距離感も縮まることになるのだ。

入江さんの特筆すべき点は行動力だろう。チャンスもお金も、人が運んでくると入江氏は述べる。人脈をもっと広げて、のしあがりたいという人は、入江式の人脈づくりを参考にしてみてはどうだろう。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

“不特定多数を巻き込む” 企業に画期的アイディアをもたらす方法とは?

「また会いたい」とはならない男がしがちなダメ会話とは?

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy