ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マクドナルドの知られざる限定メニュー『黒豚バーガー』があまりにもウマい!! 食べたことある人は勝ち組!

日本の各地に展開している人気ハンバーガーチェーンのマクドナルド。メニュー数が豊富なうえ、定期的に期間限定メニューも販売されるので、頻繁に食べている人でもなかなか飽きることはありません。

一部では店舗限定メニューも販売されている

そんなマクドナルドでは、一部の店舗で「店舗限定メニュー」が販売されていることをご存知でしょうか。

将来的に期間限定メニューとして販売される予定のメニューが試験販売されていたり、レギュラーメニューを店舗が独自にアレンジして販売していたり、オリジナルのセットメニューが用意されていたりするのです。珍しいメニューを見かけたら、ついつい注文したくなってしまうものですよね。

限定メニューの『黒豚バーガー』が絶品!!

そんな店舗限定メニューの中でも、特に激レアであり、あまりにもウマいと評判なのが『黒豚バーガー』なのです。

こちらのハンバーガーの正式名称は『スパイシーナムトック黒豚バーガー』。マクドナルドには現在『てりやきマックバーガー』『しょうが焼きバーガー(ヤッキー)』などでポークパティが使用されていますが、それらとは肉の厚さが段違い!

マクドナルドのハンバーガーはメニューの写真と比べると薄く見える、なんてよく言われていますが、このハンバーガーなら肉厚さが十分伝わりますよね。

ナムトックとは豚肉と香草を和えて作るピリ辛タイ料理「ナムトックムー」のこと。スパイシーなソースが肉厚ジューシーな黒豚パティと完璧にマッチし、同じく厚切りのトマトの酸味とレッドオニオンの辛味が見事なアクセントとなっています。

黒豚の旨味を極限まで活かした味付けはマクドナルドなのにお酒を飲みたくなっちゃうレベル! そして見ての通り食べ応えも抜群!! 運良くこちらのバーガーを食べることができた人はまさに勝ち組だと言えるでしょう。

……えっ? どこのマクドナルドで売ってるのか早く教えろって?

タイのマクドナルドで限定販売されているメニュー

こちらの『スパイシーナムトック黒豚バーガー』が販売されているのはタイのマクドナルドのみ。残念ながら黒豚を使用しているのに日本では食べられないのです! ショック……!!

世界のマクドナルドにはこのようにたくさんの限定メニューが販売されていますし、日本ではおなじみの『てりやきマックバーガー』だって世界から見れば限定メニューなのです。

しかし、数ある限定メニューの中でも『スパイシーナムトック黒豚バーガー』はかなりのハイレベルであることは間違いありません。特にこの黒豚パティを一口食べれば誰もが「日本のマクドナルドでもこれを使ってよ!!」と思うはず。

ちなみに気になるお値段ですが、プーケットのマクドナルドで155タイバーツ(約530円)でした。

ちょっと高いな、という印象を持つかもしれませんが、プーケットはタイの中でも特に物価が高い地域。バンコクのマクドナルドでは基本的にプーケットの6~8割くらいの価格に設定されているそうなので、『スパイシーナムトック黒豚バーガー』も同様に安く食べることができることでしょう。

タイに行く機会があったらタイ料理をモリモリ食べたいと考える方が多いでしょうが、マクドナルドが好きなら一度は足を運んでみてはいかがでしょうか。

※1タイバーツ=約3.4円として計算しています。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ノジーマ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。