ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

金額を可視化できてスマホからおこづかいを送金できる次世代スマート貯金箱「GoSave」

子どもの頃、小銭の溜まった貯金箱をふってはニヤニヤしていたなんて人も多いのでは?どうやら未来の貯金箱はその必要すらないみたいだ。

今回紹介する「GoSave」は、貯金額をディスプレイに可視化できるスマート貯金箱なのだ。

・スマホからおこづかいを送金?

GoSaveの本体にはタッチ操作可能なディスプレイが搭載されており、ここにいくらお金が溜まっているか常に表示しておくことが可能。ただ、実際に入れた小銭の金額を表示させるのではなく、あくまで親がスマホの専用アプリ上で仮送金した金額を表示させておくというもの。

たとえば、親はスマホを通して子どもに手伝ってもらいたい家事や依頼、それに対するおだちんの金額を貯金箱上に表示させ、子どもがそれらを受けておこづかいを稼ぐようなイメージだ。親が子どもたちへおこづかいを与えると、貯金箱上の金額に反映されていく仕組み。

・貯金目標を設定することも

もちろん、貯金目標を設定することも可能だ。貯金目標を表示させることで、子どもの貯金とお手伝いのモチベーションを上げることにつながるだろう。なお、子どもが現金をおろしたいときには、親にこの貯金箱上から承認依頼をかけ、親から現金を支給してもらうことになる。

ちなみに、貯金額には反映されないようだが、小銭をいれるための投入口とスペースも内蔵されているので、レトロな貯金箱のような使い方も可能だ。デザインは宇宙飛行士、ユニコーン、子ブタの3種類。

GoSaveはKickstarterにて2018年6月10日までキャンペーンを実施しており、今なら1つ99ドル(約1万870円)で出資注文することができる。貯金箱そのものが盗まれても現金を失わなくてすむ、なかなかユニークな貯金箱ではないだろうか?

執筆:Doga

GoSave/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy