ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ボディの劣化防止効果も!洗車では取れない黄ばみ&鉄粉をスッキリ落とす『黄ばみ・鉄粉取りートメント プロ』

洗車前にスプレーするだけで、車の黄ばみや鉄粉を落とすことができる『黄ばみ・鉄粉取りートメント プロ』が新発売。目には見えない細かな鉄粉でも、ボディに付着したままにしておくと劣化の原因になってしまうというから恐ろしい…。だがコレを使えば、そんな厄介な汚れが簡単に落ちるというのだ。

プロも使う成分で、鉄粉を溶かして落とす!

アーネスト株式会社(新潟県三条市)の『黄ばみ・鉄粉取りートメント プロ』(300ml・税別1,680円・2018年4月20日発売)は、洗車では落ちにくい鉄粉などの汚れを溶かして落とす自動車用鉄粉クリーナー。

 

「車に鉄粉?」と思う人もいるかもしれないが、実は、道路を走っているだけでも細かい鉄粉を車が浴びたり、巻き上げたりして車に付着。その鉄粉が錆びて塗装に侵食し、劣化の原因にもなってしまうのだ。

 

車のボディに触れたとき、ザラザラとしているのが鉄粉。『黄ばみ・鉄粉取りートメント』は、鉄粉と洗剤成分が化学反応を起こすことで、汚れが溶けて落ちる仕組みである。

成分はチオグリコール酸アミン塩、両性界面活性剤、多価アルコール、水で、プロが使う業務用の成分と同じ。研磨剤不使用なのでコーティングや塗装・メッキを傷めず、鉄粉だけを溶かして落とすことができる。

 

ちなみに豪雪地帯に設置されている消雪パイプの水による黄ばみもパイプから出る鉄分によって起こるため、この『黄ばみ・鉄粉取りートメント プロ』で落とすことができるという。

さらに、『黄ばみ・鉄粉取りートメント プロ』は、正真正銘の日本製。大切な車に直接スプレーするものだからこそ、“MADE IN JAPAN”の安心感はとてつもなく大きい。

触ってビックリの愛車のザラザラ…解消なるか!?

キレイに見える車でも、無数の鉄粉がボディには刺さっている…という驚愕の事実を知り、さっそく愛車を触ってみると確かにザラッザラ。

意気揚々とボトルに噴射部を取付けて、黄ばみ、鉄粉が付着しているところにムラなくスプレーを噴射してみる。使用量は、1m四方あたり15回噴射が目安だ。

すると、透明だった液体が紫に変色。これはバッチリ化学反応を起こしてるっぽい!

液が乾かないように注意して、そのまま3~5分放置。液が乾く前に洗車機または手洗いでボディを洗車して、最後に水分を拭き取れば完成だ。

洗浄後にボディを触ってみると、明らかにザラザラが解消している。今回は検証のためにスプレーをかける部分、かけない部分で比較してみたのだが、両者の触り心地がまったく違って驚いた。スプレーをかけてから洗浄した部分は、もうツルッツル!

 

洗車する前に噴射するだけだから手軽だし、これなら定期的にお手入れできそうだ。

お試しサイズの40ml入り(税別580円)も販売中なので、ちょっと使ってみたいという人にはこちらがおすすめ。

 

車での遠出が増えるレジャーシーズンに向けて、愛車の汚れもスッキリ落としておきたいところ。『黄ばみ・鉄粉取りートメント プロ』は、全国の専門店・生協・通販・アーネスト株式会社公式販売サイト「すまいる雑貨」などで発売中。

 

関連記事リンク(外部サイト)

車のタイヤ空気圧をリアルタイム表示する交通事故防止ツール『Air Safe(エアセーフ)』を体験してみた
爪が切りにくいと感じるようになったあなたに『ユニバーサル爪切り 楽切りさん』
『セガフェス2018』開催! 巨大UFOキャッチャーやメガドラを楽しめるセガグループの合同イベントをレポ!
セガから4大発表! すべてのセガファンに感謝を込めて完全新作『新サクラ大戦』&『シェンムーⅠ&Ⅱ』他
西海岸の風の香りが漂ってくる!? レトロ・サーフボードを細部まで再現した『SURF BURNER(サーフバーナー)』はオブジェとしても完成度高!

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy