ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、4thAL『Sun and Rain』7月にリリース

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、4thAL『Sun and Rain』7月にリリース

 YOSSY LITTLE NOISE WEAVERの通算4作目となるアルバム『Sun and Rain』が、7月4日にリリースされる。

 YOSSY LITTLE NOISE WEAVERは、DETERMINATIONS、BUSH OF GHOSTSでの活動を経て、YOSSY(キーボード・ボーカル)とicchie(トランペット・トロンボーン)が2006年に始動したユニット。それぞれにハナレグミ、Caravan、Mr.Childrenをはじめ様々なアーティストのサポートなどでも活動している。

 2人は関西から関東へ移り住み、現在は自然環境豊かな自宅スタジオ
“STUDIO OPPE”で練習や録音が可能になり、ストレスなく思いついたアイデアをすぐに試せることでアルバムのイメージが膨らんだとのこと。そのフレッシュなイメージを具現化すべく、2人が信頼する栗原務(ドラムス)、伊賀航(ベース)、波多野敦子(ヴィオラ)といったミュージシャンを中心に、リラックスした雰囲気でレコーディングを敢行したのが本作だ。

 今までの作品と肌触りが違うのは、「日本語詩へのチャレンジ」と、「どこを切ってもすぐ口ずさめるPOPさ」。ハナレグミや、Mr.Childrenのサポートといった活動から受けた影響も大きいといえるだろう。本作には、しっとりとした歌声が心地よいハナレグミとのデュエット「雨ふり」、軽快なSKAナンバー「TALKING ABOUT LOVE」、表情が刻々と変わってゆく空模様を巧みに表現した「Thunder」などを含む全9曲が収録されている。

 なお、5月24日にはOLD DAYS TAILORとのコラボレーション・ライブが横浜モーションブルーにて開催される。

Photo by Ryo Mitamura

◎リリース情報
『Sun and Rain』
2018/07/04 RELEASE
BUS-005 2,500円(tax out)
収録曲:
1.Thunder
2.Ghost
3.Talking About Love
4.Dancing Man, Singing Man
5.コトバ
6.雨ふり ( with ハナレグミ )
7.そんな感じ
8.In My Pocket
9.Pretty Little Thing

参加アーティスト(50音順):
伊賀航/石井マサユキ/栗原務(Little Creatures)/小池龍平/椎野恭一/波多野敦子/ハナレグミ

◎ライブ情報
【YOSSY LITTLE NOISE WEAVER×OLD DAYS TAILOR】
2018年5月24日(木)
神奈川・横浜モーションブルー
出演:YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、 OLD DAYS TAILOR
<YOSSY LITTLE NOISE WEAVER Band>
YOSSY:Vocal, Keyboard
icchie:Trumpet, Trombone
波多野敦子:Viola (from TRIOLA)
伊賀航:Bass
栗原務:Drums (from LITTLE CREATURES)

関連記事リンク(外部サイト)

ハナレグミ NEWアルバム『SHINJITERU』収録楽曲発表! EMI時代の初期3作品ナイスプライスで再発売決定
bonobos、5月にビルボードライブ東阪でライブが決定
エレカシ&スピッツ&ミスチルが“夢の競演”! 3バンドによるスペシャルパフォーマンスも

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy