ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

EV先進国ノルウェーの首都オスロが路線バスに電気バスを本格導入へ

ノルウェーの首都オスロは、2018年4月、電気バス70台を新規に調達した。

オスロで運行されている路線バスは、2019年以降、順次、従来のディーゼル車から電気バスに切り替えられ、2025年までには、その大部分を電気バスが占める計画だ。

・2019年からオスロの路線バスが電気バスを本格導入

オスロで地下鉄やバス、トラムなどの地域の公共交通を統括する「Ruter」は、バス、フェリーを含む、オスロのすべての公共交通を、2028年までに“ゼロエミッション化”する目標を掲げている。

2017年11月には、オスロで路線バスを運営する「Unibuss」、「Nobina」、「Norgesbuss」のバス会社3社との合意のもと、電気バス6台を調達し、路線バスへの試験的導入をすすめてきた。

そして、このほど、8億5000万クローネ(約116億5000万円)を費やし、電気バス70台を新たに導入。

2019年には、これらのバス会社3社に車両を割り当て、オスロの13路線で、電気バスによる運行をスタートさせる方針だ。

・公共交通機関でも“ゼロエミッション化”を推進するEV先進国

ノルウェーは、1990年代から電気自動車(EV)への優遇措置を設けるなど、電気自動車の普及にいち早く取り組んできた“EV先進国”のひとつ。

首都オスロでも、新車販売台数に占める電気自動車の割合は2015年時点で3割を超えており、3万5000台以上の電気自動車がこの地域で利用され、温室効果ガスの排出量の削減に大きく寄与してきた。

オスロでは、路線バスにおける電気バスへの切り替えを本格化させることで、公共交通の“ゼロエミッション化”も、急速に推進できそうだ。(文 松岡由希子)

Ruter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy