ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

100点にも及ぶ貯金箱のコレクション展 ITO BANK COLLECTION 

ITOBANK_mainvisual

中目黒のギャラリーVOILLD(ボイルド)にて、JOHN SOIやsoeを手がける伊藤壮一郎による初のコレクション展「ITO BANK COLLECTION(伊藤バンクコレクション)」が開催される。
ITO BANK COLLECTIONは、伊藤壮一郎による貯金箱のコレクション。
物心のつく前の幼い頃から積極的に貯金箱の収集を始め、アメリカ、ヨーロッパをはじめとする世界中のヴィンテージの貯金箱を中心に、誰もが見覚えのある象徴的なモチーフのものや、郷土品、キャラクター、食べ物、動物など、様々なジャンルや時代を超えて独自の興味と繊細な目線で集積され、そのコレクションの数は200点以上にも及ぶ。それらはただの貯金箱という枠を超えて、ひとつひとつが物語を持ったオブジェとして個性や造形を楽しむことができるだけでなく、その背景や時代性までもを考えさせられるきっかけとなるような、重層的な価値が潜んでいるようにも捉えられる。
今までほとんど知られることのなかった、多彩でユーモアに富んだコレクションを通して、伊藤壮一郎の審美眼の一説を垣間見ることのできる、またとない機会となっている。

会場ではコレクションの一部となる約100点の貯金箱を展示。
また、本展に合わせ、soeと加賀美健とのコラボレーションによる「お金」をテーマに描き下ろされたドローイングがプリントされたTシャツ、オリジナルステッカーをVOILLD、 M.I.U.にて限定販売する。

ITOBANK_mainvisual02

SOICHIRO ITO ‘ITO BANK COLLECTION’
会期:2018年5月9日(水) ~ 5月20日(日)
開廊時間:水 – 金 14:00~19:00、土日 14:00~18:00
休廊日:月曜日、火曜日
会場:VOILLD(ボイルド) 〒153-0042 東京都目黒区青葉台 3-18-10 カーサ青葉台 B1F
アクセス:東京メトロ日比谷線・東急東横線「中目黒駅」出口より徒歩12分、東急田園都市線「池尻大橋駅」東口より徒歩8分

オープニングレセプション:5月9日(水)19:00-22:00

伊藤 壮一郎
JOHNSOI 主宰 / soe ディレクター。1977 年、東京生まれ。1995 年高校卒業後、渡英。ロンドンに留学。1998 年帰国後、青山学院で経済史を学ぶ傍ら独自で服作りを始める。 2001-2002 秋冬より soe( ソーイ ) をスタート。2008-2009 秋冬より soe shirts( ソーイ シャツ ) スタート。 2013 新たなコンセプトストア M.I.U. を中目黒にオープンさせる。 2016-2017 秋冬より soe のウィメンズ展開をスタート。
http://www.soe-tokyo.com

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。