ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フェアリーズ×日本工学院学生による“同世代インタビュー”で、 今後の目標からプライベートまで語りつくす!

日本工学院専門学校コンサート・イベント科で音楽業界を目指す学生が、同世代のアーティスト「フェアリーズ」にインタビューを行い、同世代ならではの「仕事」「プライベート」の話を聞くことができた。
フェアリーズ×日本工学院学生 インタビュー (okmusic UP's)
学生:本日インタビューをやらせていただきます! 日本工学院専門学校コンサート・イベント科に所属している学生です。よろしくお願いします!

全員:よろしくお願いします!

学生:お忙しい中お時間いただきありがとうございます。温かい目で見守って頂けたら…

野元 空(以下、野元):いやいや、そんなそんな全然です(笑)

学生:えっと、まずはアーティスト活動について質問させていただきます。“ステージに立つ時に意識していること”を教えていただけますか?

井上理香子(以下、井上):何を意識してるんだろう、、その曲調というかその曲の内容とかを考えて例えば表情とかも“この曲はあんまり可愛くしない方がいい”や“クールな顔してた方がいいかな”“これはもう可愛い曲だからめちゃめちゃ笑顔でやろう”などそういうことを考えてやってます。

伊藤萌々香(以下、伊藤):それが一番だよね。

下村実生(以下、下村):でも一緒にやる振りとかは“一緒にやってください!”って思ってやってます

林田真尋(以下、林田):“みんなもやってね!”みたいな(笑)

下村:ライブでタオルを回す曲みたいな時は“お願いしま~す!”みたいな気持ちでやってます。

学生:”気持ちの部分”をとても大切にしているんですね。

学生:続いて“フェアリーズとして印象に残っているライブ”はありますか?

林田:え~こないだのやつ!

井上:スター?(『フェアリーズ LIVE TOUR 2017 -STAR-』)

林田:スターの始まりがアカペラで始まったので、それがなんか今までになかったからすっごい緊張して…

井上:やったね~ほんとに。

林田:それが一番印象に残ってます。

井上:いつもイントロの勢いで出ていくんですよ。音楽が大きいからテンションもあがるし、みんなもお客さんもワイワイ言っててそんな中出ていくから、それが180度違う空気感の中始まるっていうのが冷や汗。シーンとした中でだったので“うわーー”ってなりました。

野本:フェアリーテイル(『フェアリーズ LIVE TOUR2017-Fairytale-』)の時は、がっつりダンサーさんに入ってもらってっていうライブだったんですけど、合計10人でやってて構成がもう難しくてセットも作り込んでやってたので、全曲構成が変わった位の感じでやってたので難しかったですね。

学生:構成を覚えるのって本当に大変そう!見てるだけじゃ分からないことがたくさんあるんですね。それでは次の質問に移らせていただきます。みなさん特典会などでファンの方と交流される機会も多いと思うのですが、ファンの方に直接言われて嬉しかったこととか出来事ってありますか?

井上:いっぱいあるなぁ。

伊藤:ね、いっぱいあるね。

井上:え~なんだっけ、先週あったんだよ。活力?原動力?ですみたいな、「私の原動力です」って言われた時などですね。

伊藤:「Youtubeの動画を見て、気になって来ました」とか最近多くてなんかそういう動画とかで広まってるんだなっていうのをすごく実感する時は嬉しいです。

学生:さて、次は未来の話になってしまうんですけど“5年後のフェアリーズはどうなっていたい”とか目標とかはありますか?

井上:5年後~!? まって何歳!?

野元:24、26、25か。

伊藤:踊れるかな?(笑)

一同:(笑)

林田:踊れるでしょまだ!(笑)

伊藤:でももうそうなってくると、フェアリーズが12年目とかになってくるんですよ。もしそのままやってたら…

下村:やばすぎ~やばいやばい。

伊藤:やってた場合12年なんで、そうとうベテランの風を吹かせながらやってく(笑)。

林田:紅白で演歌歌ってればいいんだよ(笑)

伊藤:なんで演歌なの、ずれてる路線が(笑)

野本:それは違うわ(笑)

とりあえずそれまでには武道館に立ってたいなって思います

井上:やっぱどんどんツアーで回る箇所を増やしていきたいなと思うので、その頃にはね47都道府県まわりたいですね。

林田:海外行ってる、多分(笑)

野元:世界進出(笑)

井上:それ!

林田:世界進出しよ!

伊藤:ツアーしたいね。

野元:ファンの人とかでも色々海外の人とかも来てくれるんですよ。韓国、台湾、シンガポールとかロシアとかドイツとかいるんですけど、そうやってきてくれるのも嬉しいしこちらから会いに行きたいなと思います。
学生:ちょっと似ている質問になってしまうんですが、“グループとしての夢”などございますか?

伊藤:武道館を中途半端に公演をするんじゃなくて、武道館の席を満杯に埋めて公演したいなっていうのがすごいありますね。

井上:360度使ってしたいね。

伊藤:全部できるからね、あそこね。

学生:やはりアーティストにとって日本武道館というのは特別なものなんですね!

学生:お仕事の話は最後になってしまうんですけど“改めて今回の新曲について好きなフレーズ等”ありましたらお願いします。

伊藤:なんだろう、好きなフレーズ?

野元:すごくバブリーだな~!みたいな激しいメロディーの印象が強く、熱い歌詞とダンスもすごい特徴的なんですよね。

伊藤:熱く燃えてく!みたいな

野元:それぐらい同じ熱量の激しいメロディーと、ダンスもがっつり踊っているけど意外とシュールな振りで、登美丘高校のakane先生が振り付けしてくださって、すべてにおいてバブリーさとシュールさが備わっている曲なので、全部好きです(笑)

学生:MVもライブも見させていただいたんですが、すごくかっこよくて振りも面白くて、一緒に踊れる感じが楽しかったです。

全員:ありがとうございます。

学生:次に私生活のことについて質問させていただきます“今1番楽しいと思えること”などございますか?

林田:荒野行動(笑)。あのゲームのアプリなんですけどガチすぎて…

下村:まじうける(笑)

林田:なんかオンラインで世界中の人と戦うやつで自分で武器拾って銃で撃ち合いするゲームなんですけどそれにハマってます。

学生:毎日?

林田:毎日してます。

井上:こないだもイヤホンして楽屋で「出るよー!」って言ってるのに「ちょっと待ってちょっと待って」って結構ガチのトーンで言ってていつもそんなガチのトーン聞かないのに(笑)。

林田:1位になったらすごいんですよ!

野元:100人中1位にね。

伊藤:なにがもらえる?

林田:なんかもらえるけど、とにかく1位なったらすごいんで!

下村:ゲームのために(笑)

井上:プロかと思ったもん(笑)

学生:ゲーマーみたい(笑)

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。