ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【神秘】NASAが冥王星の最新画像を公開 / 鮮明で神秘的な未知の世界「太陽系外惑星へ拠点として役立つ宇宙港となる」

pluto-photo1

太陽系の準惑星として、人類の歴史に神秘と謎を与え続けている冥王星。直径は2370キロメートルで月よりも小さく、そして恐ろしく極寒の星。現在もじょじょに太陽から遠ざかっており、遠い未来、どこか遠くへと消え去るかもしれない。

・最新技術で撮影された冥王星
そんな冥王星の最新鋭像がNASAにより撮影され、公開されている。従来の冥王星の写真は地球からの距離や人工衛星の性能のため不鮮明だったが、現在の最新技術で撮影された冥王星は非常に鮮明で、息を飲む美しさ。

・大気が非常に薄いことも影響か
まさに神秘の冥王星として、名前に負けないファンタジーな姿を見ることができる。冥王星の表面が鮮明に撮影できたのは、大気が非常に薄いことも影響していると思われる。

pluto-photo
pluto-photo10
pluto-photo2
pluto-photo3
pluto-photo5
pluto-photo6
pluto-photo7
pluto-photo8
pluto-photo9

・拠点として役立つ宇宙港となる
惑星や衛星に住むのが夢と語るハミングウェイ氏は「冥王星にはクレーターも多数あり、その自然の地形を生かしてコロニーを作ることもできるでしょう。500年後には人類を送り込み、800年後には移住することもできるのではないでしょうか。将来的には太陽系外惑星への旅の拠点として役立つ宇宙港となるでしょう」と語っていた。

・今後はさらに高精細な画像が公開
冥王星は発見時より「冥王」という名称から恐れられる存在と考える人もいたが、非常に可能性に満ちた準惑星であり、今後はさらに高精細な画像が公開されていくはずだ。

もっと詳しく読む: NASAが冥王星の最新画像を公開 / 鮮明で神秘的な未知の世界(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/04/24/pluto-new-photo/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。