ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゲームのダンジョン? エッシャーのだまし絵? 東京メトロ渋谷駅の構内図が複雑すぎる

shibuya_dungeon_01

2016年度の1日平均乗降人員は約328万人と新宿駅に次いで第二位の渋谷駅。ただ、東急東横線・東京メトロ副都心線のホームが地下5階、東急田園都市線・東京メトロ半蔵門線のホームが地下3階、JR山手線・埼京線・湘南新宿ラインのホームが地上2階、東京メトロ銀座線のホームが地上3階にあり、京王井の頭線のホームは少し離れたマークシティの2階に位置しており、一見さん泣かせの駅でもあります。

ある『Twitter』ユーザーは東京メトロの構内図を見て、次のようにツイート。


東京メトロの渋谷駅構内図、何度見ても人間に理解させようという意思が感じられない。

これがゲームのマップのように見えた人も多く『トルネコの大冒険』『マーブル・マッドネス』といった声が上がったほか、べつのユーザーからはこんな声が。


渋谷駅の構内図、エッシャーの作品かよ。

たしかに、地上の下に地下3階があってその下に地下2階があるように錯覚させるような構内図で、これをプリントアウトして歩いたとするならば混乱しそうではあります。

また、新宿駅の複雑さと比較したツイートもありました。


よく言われる新宿ダンジョンより、渋谷ダンジョンのほうが難易度高い気がするよね……。
新宿は階層があまりなくて、私鉄とJRでまとまってるけど、渋谷は階層がえぐい。渋谷は案内に従ったのに同じところ2周したことあるから時空も歪んでる。

「上下関係を覚えればラク」という慣れた人の意見もありましたが、とりわけ車椅子やベビーカーを使っている人にとってはエレベーターの設置箇所が少なく把握が困難という弱点もあります。現在、再開発工事中でもある渋谷駅。特にJR埼京線・湘南新宿ラインのホームと東京メトロ銀座線のホームが移設されることになっており、それによって少しは“ダンジョン”の難易度が下がることが期待されます。

渋谷駅構内図(東京メトロ)
http://www.tokyometro.jp/station/shibuya/yardmap/ [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。