ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

最高機密として封印されてきた「9.11直後の最初の戦い」の全貌を映画化 『ホース・ソルジャー』公開前に観ておきたいノンフィクション映画3選

HORSE SOLDIERS

全世界を震撼させたアメリカ同時多発テロから17年、最高機密として封印されてきた「9.11直後の最初の戦い」の全貌を映画化した『ホース・ソルジャー』が5月4日に公開となります。

今回は、『ホース・ソルジャー』に負けず劣らずのリアリティをもつ “9.11”の実話を映画化した作品をピックアップ。GWはエンターテイメント大作だけじゃなく、歴史を描いた作品に触れてみてはいかがでしょうか?

12人の誇り高き男たちが祖国の為に命を懸ける。9.11直後の壮絶な戦い〉
『ホース・ソルジャー』(2018年5月4日全国公開)

全世界を震撼させたアメリカ同時多発テロから17年、最高機密として長年封印されてきた、”9.11″直後の米国最初の反撃作戦を行った米国騎馬隊<グリーンベレー>の衝撃の実話が、『ブラックホーク・ダウン』の製作者ジェリー・ブラッカイマーによって遂に映画化。テロ集団を制圧するためのタイムリミットはわずか3週間。12人の男たちに対し、相手勢力は5万人。圧倒的に不利な状況下で、彼らに与えられた最大の武器は、隊員のほとんどが乗ったことのない”馬”。9.11によって悲しみに包まれる祖国の為、愛する家族との未来の為、男たちは時代錯誤の”騎馬隊”で壮絶な戦いに挑む―。12人の男たちをまとめる若きリーダーミッチ・ネルソン大尉を『アベンジャーズ』『マイティ・ソー』で一躍有名となったクリス・ヘムズワースが、ネルソンを支える熟練兵士ハル・スペンサー准尉は『シェイプ・オブ・ウォーター』でアカデミー賞を受賞し、今最も勢いのあるマイケル・シャノンが熱演。実際に戦場に赴く兵士を思わせる迫力ある演技は一見の価値あり。<9.11直後の最初の戦い>の真相は、5月4日(金・祝)の全国公開で明らかになる。

〈倒壊したビルからの脱出。奇跡の生還を果たした2人の警官の物語〉
『ワールド・トレード・センター』(2006)

旅客機が激突した”ワールド・トレード・センター”内で瓦礫に閉じ込められ、さらに仲間を失っていくなかで、生きることを諦めずに奇跡的に生還した2人の警察官の実話を映画化。ニコラス・ケイジ扮するベテラン巡査部長ジョン・マクローリンの部下、ウィル・ヒメノを5月4日(金・祝)公開『ホース・ソルジャー』にも出演のマイケル・ペーニャが熱演。

〈ハイジャック機内で乗客は何を思い、どう行動したのか―。リアリティを極限まで追求した作品〉
『ユナイテッド93』(2006)

アメリカ同時多発テロでハイジャックされた4機のうち、唯一目標に失敗し墜落した “ユナイテッド航空93便”で起こった乗客、乗務員の恐怖や緊迫した様子を描いた作品。恐怖と絶望に打ちひしがれる人々は、墜落するまでの間、何を思い、どう行動したのか―。リアリティを追求するため、CA経験者や無名俳優を多くキャスティングしている。

〈アメリカ軍最強の狙撃手であり、1人の優しい父親だった男の半生を描く〉
『アメリカン・スナイパー』(2014)

“9.11”が契機となって始まった戦争で、アメリカ軍最大にして最強の狙撃手クリス・カイルの自伝を映画化。米軍史上最多の160人を射殺し、大きな戦果をあげながらも、心に傷を負っていくクリス。そんな壊れそうになるクリスを支え続ける家族の、悲しくも深い愛の物語。巨匠クリント・イーストウッドが監督をつとめ、クリス・カイルをブラットリー・クーパーが演じる。

(C)2018 BY HS FILM, LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy