ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

贅沢すぎるのにコスパ最強! クルーズ船で行くシンガポール~プーケット3泊4日の旅行記(3)

ガジェット通信のノジーマです。シンガポールから発着しているクルーズ船『ゲンティン ドリーム』に乗船し、タイのプーケットまで行くという3泊4日のツアーのレポート3本目となります。プーケットから離れ、再びシンガポールに戻って帰国するまでの3日目・4日目のことをまとめました!

贅沢すぎるのにコスパ最強! クルーズ船で行くシンガポール~プーケット3泊4日の旅行記(1)
https://getnews.jp/archives/2036131[リンク]

贅沢すぎるのにコスパ最強! クルーズ船で行くシンガポール~プーケット3泊4日の旅行記(2)
https://getnews.jp/archives/2036135[リンク]

前日までの暴飲暴食で明らかに太る→慌てて運動をする

3日目の朝を迎えました。余裕があれば再び小型船でプーケットに上陸し、朝のプーケットも散策してみようかと思っていたのですが、前日までの暴飲暴食がたたって完全に寝坊。しかも体はすっかり重くなり、明らかにお腹が出てきてしまいました……。

3日目は昼前にプーケットを出発し、終日航海になるスケジュールなので、また船内でモリモリ食事をしてしまうことは必至。それならばせめて運動をしないと……! ということで、日中は船内のアクティビティを利用してガッツリと運動をすることにしました。

まず最初にやって来たのはジムエリア。ランニングマシンやウエイトトレーニングなど、たくさんの機器が取り揃えられていて、一般的なジム施設と遜色ありません。「クルーズ船にまで来てジムってどうなのよ?」という感じはありますが、海を眺めながら運動する非日常感は普通のジムでは味わえませんよね。僕と同様に食べすぎてしまった人が多いのか、この日は朝からかなり賑わっていました(笑)。

音楽を聴きながらランニングマシンで走り込むこと1時間超。だいたい300kcalほど消費できたようです。気休め程度しか消費できていませんが、きっと何もしないよりは……!

続いては屋上のデッキに移動して、プールでガッツリとスイミング。日本ではまだ肌寒い季節だったのに、30度近い気温の青空の下で泳げるなんて最高だ……!

そしてせっかく水着に着替えたので『ゲンティン ドリーム』の名物でもあるウォータースライダーでも遊んでみることに。

ウォータースライダーは子供向けのものもあれば、いきなり直滑降するような本格的なものもあり、計6本のバリエーション豊かなラインアップとなっています。

スライダーが船の外側にはみ出ていて、しかもその部分がスケルトンになっているものもありました。凄いスリルでなんだか変なテンションになってしまいます……!

続いてはアスレチックにもチャレンジ。こちらも最後は船体からはみ出た部分をロープで渡るというスリル満点のアトラクションとなっています。

正直なところ怖くてあまり乗り気ではなかったのですが、半ば強制的に安全器具を装着させられ、そのまま挑戦することに……。

命綱がついているとはいえ、足元はかなり不安定で、しかも周りは一面の海という超絶景! ここが『ゲンティン ドリーム』で一番高い場所になるため景色は本当に最高なのですが、それ以上にスリルがヤバい……!

最後はクライミングウォールを伝って移動し……(足元が海なのでメチャクチャ怖い!)

ロープを掴んで海に飛び込むような感覚でジャンプ……!

飛んだあぁぁぁぁーーーっ!!

無事にゴールまで渡り切ることができましたが、着いたあとはもう足がガクガク。いやあ、貴重な体験ができました。絶叫マシンが好きな方なら最高に楽しめると思います!

思う存分体を動かしたので、最後は体に良さそうな食事で一息つくことに。

こちらは有料での食事になるのですが、フレッシュなスムージーとたっぷりのフルーツがなんともヘルシー。そして海をバックに写真を撮ればインスタ映えもバッチリ!

いい感じですよね? あとはモデルがかわいい女子だったら完璧だったはずです。写真が好きな女子が喜びそうな撮影ポイントが本当にたくさんあるなあと改めて感じました。

あまりにも名残惜しい……船での最後の夜を楽しむ

気がつくと日が沈み始め、いよいよ『ゲンティン ドリーム』で過ごす最後の夜となりました。水平線に太陽が沈んでいき、空の色が少しずつ変わっていく様子はなんとも言えない美しさ。この景色を見ることができるというだけでも、クルーズ船に乗る価値があるかもしれません。

そんなサンセットをiPhoneのタイムラプスで撮影してみたり……

最後のディナーなので、有料のレストランで贅沢に生ハムやステーキを食べたり……

そして最後のショーも開催されるということなのでシアターに足を運んでみると……

ショーが始まる前にいろいろなスタッフがステージに上がり、客席に挨拶をするという演出がありました。

最後にはなんと船長もステージに登壇。自然と客席から万雷の拍手が起こり、乗客がいかに『ゲンティン ドリーム』の旅を楽しんだのかが伝わってきて、とても感動的なシーンでした。

そのまま最後のショーも鑑賞すると、終演後に屋上のデッキで花火が打ち上げられるというアナウンスが……! これは見に行かねば!

屋上のデッキに移動するとすでにたくさんの人が。DJが流す音楽に合わせて踊ったり合唱したりと、凄まじい熱気です!

たまらず僕も混ざって踊っていると、ついにカウントダウンが始まり、船上から花火が打ち上げられました。

ああ……なんて綺麗なのでしょう……。何もかもが特別だった『ゲンティン ドリーム』での旅でしたが、花火が打ち上げられたことによって、これで本当に最終日なんだなあとしみじみしてしまいました。絶対いつかまた帰ってくるぞ……!

あまりに名残惜しいので、花火のあとはやっぱり飲んでしまいました。結局午前中に運動して消費した分以上のカロリーを摂取してしまった気がします(笑)。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。