ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

贅沢すぎるのにコスパ最強! クルーズ船で行くシンガポール~プーケット3泊4日の旅行記(2)

ガジェット通信のノジーマです。先日、シンガポールから発着しているクルーズ船『ゲンティン ドリーム』に乗船し、タイのプーケットまで行く3泊4日のツアーに参加してきまして、そのレポートの2本目となります。2日目に突入し、船旅を満喫しながらプーケットに上陸して、プーケットでの夜を楽しむところまでをまとめました。どうぞご覧ください!

贅沢すぎるのにコスパ最強! クルーズ船で行くシンガポール~プーケット3泊4日の旅行記(1)
https://getnews.jp/archives/2036131[リンク]

海を眺めながら目覚め、朝から激ウマバイキングを満喫

2日目の朝は洋上で迎えました。部屋のバルコニーを開けるとあたりは一面の海。あいにく空は若干曇っていたのですが、晴れていれば部屋から水平線から浮かんでくる日の出を眺めることもできそう。なんて贅沢な朝なのでしょうか……。

バルコニーで海風にあたって寛いだりしつつ、朝の準備をして、早速朝食をとりに行くことにしました。

朝食もさまざまなレストランの中から選ぶことができるのですが、この日は海を眺めながらビュッフェ形式で食べられるレストランを選択。このレストランももちろん無料なのですが、その内容も凄かった……!

パンやサラダなど、オーソドックスな料理がたくさん揃っているのはもちろんなのですが……

なんと本格的なヤムチャやインド料理までズラリと並んでいます。料理の種類があまりにも豊富すぎるのです。この手のビュッフェだと全メニューをちょっとずつ食べたいと考える方も多いと思いますが、一度の食事で制覇するのはまず不可能。いろいろな国の方が乗船してくるので、それぞれが満足できるように配慮しているのでしょう。

また、基本的にレストランでのジュースやアルコールは有料なのですが、こちらでは無料でドリンクバーもついているのも地味に嬉しいところ。

そんな感じのビュッフェなので、食べたいものを直感的に選んでいたら朝から凄いボリュームかつ多国籍な内容になってしまいました(笑)。

品のない盛り付けをしてしまいましたが、ロケーションはあまりに完璧。海を眺めながら美味しい朝食をいただくという非日常感がたまりません。気分が良くなってこのあとも何回かおかわりしたり、しばらく入り浸ってしまいました。満腹ー!

特別に他の部屋も見せていただくことに……スイートルームがあまりにもヤバすぎた!

お腹いっぱいになったのでそのまま昼寝でもしてしまいたいところでしたが、特別に今回宿泊している部屋とは別のタイプの部屋も見せていただけることになりました。

まず案内していただいたのは『ゲンティン ドリーム』で最も料金の安い部屋。船の内側に部屋があるため、部屋から海の外を眺めることはできませんし、部屋の大部分をベッドが占めているのですが、ベッドの質はしっかりフカフカ。もちろん室内にトイレやシャワーもありますし、船内の施設で思いっきり遊んで、部屋にいるのは寝る時間だけ、という人はこちらで十分でしょう。

続いて案内していただいたのが、『パレス』といういわゆるスイートルームの部屋なのですが、これが凄かった……。

まず『パレス』に宿泊している人しか入れないエリアがあるのですが、高級感がランクアップしているだけでなく、単純に人が少ないということもあって非常に落ち着いた雰囲気に。このエリアの中に『パレス』専用のレストランや、ジムなどの施設もあり、同じ船に乗りながらもさらに優雅な時間を過ごせそうです。

屋上のデッキには『パレス』宿泊者限定のプールまで……!

そしてこちらが『パレス』の中で一番価格が安い『パレス スイート』のお部屋。内装がゴージャスになり、ベッドもさらにランクアップ。シャワールームにはバスタブも用意され、何かあれば電話一本で専属のスタッフが24時間いつでも対応してくれるうえに、有料レストランでの食事が1日1回無料、一部アルコールも無料などと付帯サービスが充実します。

料金的にはバルコニー付きの部屋の約1.5倍程度なので、より贅沢に過ごしたい方は割とアリな選択肢なのかもしれません。

続いて『ゲンティン ドリーム』で最も価格の高い『パレス ヴィラ』という部屋にも案内していただきましたが……

さらにゴージャスな部屋が何部屋もあり……

屋外エリアに海を眺めながら入れるジャグジーがあったり……

船の屋上デッキの先端部分に貸し切りのスペースがあったりと、この船でできる最高の贅沢を詰め込んだ内容となっていました。あまりにも別世界……。いつかこういう部屋に泊まれるようになりたいものですな……。

プーケット到着まで船の施設を満喫!

この時点で時刻は2日目の昼過ぎでしたが、船がプーケットに到着するのは夕方以降。まだまだ時間があるため、引き続き船内の施設やイベントを満喫して過ごしました。

船内のバーで缶ビールを買ってきて、部屋のバルコニーで昼から飲んでしまったり……

飲んでいる様子をライブ配信して日本で働いている友達に嫌がらせしたり……

ジェラート専門ショップで美味しいアイスを食べたり……

プールサイドでやってたダンスのイベントに混ざってみたり……

前日とは打って変わってアクロバティックなショーを満喫したり……


shinichiro nojimaさん(@aochins8)がシェアした投稿 – 2018年 3月月5日午後7時49分PST

(この人間ルーレットとフレンドパークのダーツをかけ合わせたみたいなショーが特にヤバかった……)

ジャグジーに浸かってまったりしたり……

プールサイドでまたしても飲んでしまったりと、とにかくいろいろ楽しんでいると……

ちょっとずつ島に近づいてきました……! ついにプーケットに到着です!

クルーズ船の旅で本当に素晴らしいのは、こうやって船上で思い思いに遊んでいるうちに目的地に到着できるということ。飛行機の移動だとスピードこそ圧倒的に速いですが、窮屈なシートの上でおとなしく過ごさなければなりません。クルーズ船なら休むにしてもフカフカのベッドでしっかり休めますし、移動時間を無駄にしないで済むのが最高に魅力的だなあと感じました。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。