ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

宇宙ホテル、2022年開業!? Orion Span、宇宙旅行の予約受け付けを開始

地上300キロ超にある宇宙ホテルに滞在する12日間の旅、お値段950万ドル(約10億円)−。まるで漫画かSF小説にでも出てきそうな触れ込みの旅行の予約受け付けが開始された。

米国テキサス州に拠点を置くスタートアップOrion Spanが展開するもので、同社は宇宙ホテル「Aurora Station」を2022年にも開業させるとしている。

・出発前に3カ月訓練

発表によると、同社は2021年にAurora Stationを、地上から322キロ離れた地球周回軌道へと打ち上げる。この高度は国際宇宙ステーションの408キロよりやや低く、地球を90分で1周する。

Aurora Stationには2人部屋があり、最大収容人数は客4人と、旅行アテンダント2人の計6人。ロケットで地球を発って、Aurora Stationに滞在し、再び地球に戻ってくるまでの12日間がパッケージとなっている。

お値段の950万ドルにはそうした旅費すべてが含まれるほか、出発前の3カ月にわたるトレーニング費用も入っているとのこと。

・マンション建築構想も

Orion SpanのCEO、Frank Bunger氏によると、モジュールをくっつけることでAurora Stationは拡張させることができ、収容人数を増やすことが可能という。

ゆくゆくは、“宇宙マンション”を建てる構想も温めているようだが、現時点では打ち上げにどこのロケット会社を使うかなど詳細は不明で、ホテルの実現性についても不透明な部分を残している。

とはいえ、近年、民間ロケット会社による宇宙開発が活発になってきているのは事実で、宇宙ホテル開業というのもあながち夢物語ではなさそう。

Orion Spanは現在、サイトで宇宙旅行の予約を受け付けていて、予約金は8万ドル(約860万)となっている。

Orion Span

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。