ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【TDR35周年速報】世界で一番幸せな船旅が帰ってきた!新生「イッツ・ア・スモールワールド」を体験

10日(火)、アニバーサリーイベント「東京ディズニーリゾート35周年
“Happiest Celebration!”」のプレスプレビューが開催され、アトラクションオープン後初めて大幅にリニューアルしていた「イッツ・ア・スモールワールド」が報道陣にお披露目!“世界で一番幸せな船旅”が帰ってきた。

「イッツ・ア・スモールワールド」は、小型ボートに乗って世界各国の子どもたちや動物たちに迎えられながら、“世界で一番幸せな船旅”を体験することができるアトラクション。開園当初より愛されてきたが、TDR35 周年を機に、アトラクションオープン後初めて大幅リニューアルを実施。

ディズニー映画に登場するさまざまなキャラクターが加わったほか、映画の名シーンを彷彿とさせる音楽が「小さな世界」の曲に織り込まれ、一部先行して体験した一般ゲストにも好評なようで、周年を盛り上げそう。

その旅は、ヨーロッパからスタート。やがてアジア、アフリカ、中南米、南太平洋の島々といった世界中をめぐり、各エリアには、『アナと雪の女王』のエルサ、アナ、オラフをはじめ、『リトル・マーメイド』のアリエルやフランダー、『モアナと伝説の海』、『ファインディング・ニモ』など、世代を超えて愛され続けているディズニー映画、ディズニー/ピクサー映画のキャラクター、合計約 40 体が追加!それぞれのシーンをよりはなやかに彩り、これまで以上に幸せな船旅が眼前に広がっていく。

また、ボートの乗降場の壁にはミッキーマウスとミニーマウスが描かれ、ゲストを“世界で一番幸せな船旅”へ見送って、そしてその旅から戻ったゲストをお出迎え。TDR35周年のお祝いは、幸せな船旅で始めてみて!

モデル:アレクサンダー大塚、川田優
文章:ときたたかし

(C) Disney

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ときたたかし) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy