ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オリジナルSFアニメ『A.I.C.O. Incarnation』「一度アイコ目線で、二度目は神崎視点で観ると作品の見え方がまるで変わる」[AJ2018ステージレポ]

村田和也監督とボンズがタッグを組んだオリジナルバイオSFアクションアニメ『A.I.C.O. Incarnation』のトークイベントが、3月25日(日)に東京ビッグサイトで開催されたアニメの祭典【AnimeJapan 2018】にて行われました。イベントには橘アイコ役の白石晴香さん、神崎雄哉役の小林裕介さん、篠山大輔役の竹内良太さん、白石真帆役の茅野愛衣さんら豪華キャスト陣がゲストとして登場し、アフレコ時の様子などについて語りました。

満員となった会場から大きな拍手と歓声があがる中、キャスト陣がステージに登場。まずは本インベント用に制作された「5分で分かる『A.I.C.O. Incarnation』」と題されたPVを上映。

作品の魅力を凝縮した特別映像に合わせ、その場でキャスト陣がナレーションを生アテレコするという単なるPV紹介とは趣向を変えた演出に会場のファンは大喜び!

続いて、キャストトークのコーナーへ。アフレコ時のエピソードについて聞かれた小林さんは「僕が演じた神崎は説明セリフが多くて。例えば、プライマリーポイント、バースト、ダイバーなど色々あったんですけど、中でも一番難しかったのが“多目的手術装置アルサス”です。なかなか上手く言えなくて大変でした」と専門用語が多い本作ならではの苦労話を披露すると、他のキャストからも共感の声があがります。

また、村田(和也)監督の強い要望により、普通の言葉でも本作独自のイントネーションに変えなくてはいけないことが多かったそうで、白石さんは「でも、独自のイントネーションでやり取りすることで、よりダイバーたちのプロっぽさが出てきたりもするので、そこは監督のこだわりでした」と語ると、茅野さんも「監督の頭の中で鳴っている音がコレだからコレです、という決まりがあったんです」と監督のイメージに近づけるため試行錯誤を繰り返しながら演じた様子を明かしました。

アフレコ現場の雰囲気について聞かれた小林さんは「実は、僕と白石さんは本作の現場が“はじめまして”だったんです。僕も人見知りするし、白石さんも人見知りするしで、最初の頃はお互いにずっと台本と睨めっこの状態でしたね(笑)」とコメント。そんな二人の距離を縮めるきっかけとなったのが、茅野さんの「あだ名でも付け合ってみたら……」という一言だったそう。それについて茅野さんは「作品ではダブル主役みたいな感じなのに、全然話さないから(笑)。なので、小林くんには“ゆっけ”という可愛らしいあだ名があると以前から知っていたので、二人で“ゆっけ”と“はるはる”で呼び合ったらどう?」と提案したそうです。
※注釈:“はるはる”の名付け親は小林さんとのこと。

最後は登壇者が一言ずつコメント。竹内さんは「全12話を一気観して頂くことを推奨しております。最初から最後まで息を飲む展開が続きます。篠山は茅野さん演じる白石とバディを組むので、大人ならではのバディの絆や阿吽の呼吸みたいなものを感じて頂ければと思います」。茅野さんは「実は、私も作品を一気観させて頂きまして、とても感動しました。本当に涙なしでは観られない作品だなと改めて感じましたので、ぜひ皆さんも全12話まるごとご覧ください」。小林さんは「まずは一度アイコ目線で観て頂いて、二度目は神崎視点で観て頂くと作品の見え方がまるで変わってくると思います。それぞれのキャラクターのことも理解した上で改めて観て頂くと、一つひとつの表情や行動に深みが出てきます。何度も観れば観るほど内容がどんどん入ってきますので、一挙配信に向いている作品ではないかなと思っています」。

最後に白石さんのコメントでイベントは終了かと思いきや、なんと3月25日は小林さんの誕生日。本作のキャラクターデザインを務めた石野聡さんのイラスト付メッセージ色紙と巨大ケーキがサプライズで登場し、感無量の様子の小林さんを祝福しました。

そして、改めて白石さんが「本作は近未来的なSFアクションの中に、人間ドラマはもちろん、最後には大きな感動も待っています。魅力満載の作品となっておりますので、ぜひご覧頂ければと思います」と語り、イベントは幕を閉じました。

~配信情報~
Netflixにて、全12話・全世界独占配信中
視聴ページ:https://www.netflix.com/title/80161848
公式HP:http://www.project-aico.com/[リンク]

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy