体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「他人のせい」にすれば、問題からは逃げられる。でもそれじゃ、一生成長できないよ――「肉おじさん」こと格之進・千葉社長の仕事論

「他人のせい」にすれば、問題からは逃げられる。でもそれじゃ、一生成長できないよ――「肉おじさん」こと格之進・千葉社長の仕事論

ブームが始まる前から「熟成肉」に注目、研究を続け、今や屈指の人気店となった格之進グループ。首都圏に13店舗、本社のある岩手県に3店舗を構え(2018年3月現在)、順調に拡大を続けている。

格之進を率いるのは「肉おじさん」として親しまれている千葉祐士社長。彼はどのようにして時代の先を読み、熟成肉ブームを牽引するに至ったのか、その背景や考え方の源泉について語っていただいた。

【プロフィール】

千葉 祐士(ちば ますお)

1971年生まれ。岩手県一関市出身。牛の目利きを生業とする家に生まれる。27歳で「一関と東京を食でつなぐ」ことをビジョンに掲げ、1999年4月岩手県一関市にて「焼肉屋 五代格之進」を創業。“お肉”のユニクロを実現するために2008年10月に株式会社門崎を創設。 6次産業という言葉が誕生する前から、生産、加工、流通の相乗効果に重きをおき、お客様に「日本の食の未来を消費者と生産者と共にデザインする」を実現できるよう尽力。

肉でダイレクトマーケティングだ!

今や熟成肉ブームの先駆者として多忙を極める千葉社長だが、起業前は上場企業で働く営業マンだった。

同期の中でもかなり頑張って結果を出したつもりだったが、賞与が同期より少なかったことにショックを受けたという。

「新卒の頃は会社から給料をもらいながら研修を受けたり、仕事を教わったりしますよね。私は自分の中で粗利を計算していて、研修などで受けた分は返し終えたと思っています。4年弱いましたが、利益を出して会社にも貢献したところまでは頑張ったつもりです」

自分が思っているほど会社からの評価は高くない。それなら自分でやるしかないと考えた千葉さんは、27歳で独立を果たした。

若手ビジネスパーソンの中で、自分の「粗利」を考えている人は決して多くない。なぜ千葉さんはこの考えを持っていたのかというと、大学生の頃に塾講師のアルバイトをやっていたことに起因する。アルバイトながら塾長もやっていたため、自分で営業し契約を取って集金し、店舗としての収支を見ていた千葉さんは、入ってくるお金と自分の給料を含めた人件費も計算していたため、会社にいくら利益を出しているのか把握していたという。

「収支の考え方は非常に重要です。収支が分かったうえで、ちゃんと会社に返しているかどうかは、とても大切なことだと思うんです」

では、なぜ転職ではなく起業を選んだのだろうか。

それは、千葉さんが当時から「ダイレクトマーケティングの時代が来る」と確信していたからだ。商社や代理店を否定するわけではない。しかし、消費者とダイレクトにつながることによって、得られる情報もスピードも速くなるだろうと予測していたというから驚きだ。

当時はまだダイレクトマーケティングに取り組む会社は少なく、たとえ転職したとしても年収の大幅アップは見込めない。それなら、自分が納得するようにやって、その結果を受け入れるしかないと考えた千葉さん。

「自分の家は牛飼いだったから、牛を使ったダイレクトマーケティングを考えました。ユニクロの垂直統合経営と一緒だと思って、焼肉屋をやろうと考えました。“肉でユニクロだ!”ってね(笑)」

ピンチ=普通ではない状態=チャンスがある

焼肉屋を始める場合、他の店舗で一定期間修行をする人が多いが、千葉さんは修行も何もせず「なんとかなる!」と独立。飲食店は店頭に「営業中」の札を掲げているが、外に営業に行くわけではない。千葉さんは「営業マンだったし、お客さんが来なかったら外に営業に行けばいい」と思っていた。

開店したばかりの焼肉屋では、部分肉で仕入れるのが常識。しかし修行を経ていない千葉さんは、自分の家で牛を飼っているから牛1頭届くのが当たり前だと思っていた。

その結果、客がほとんど来ないのに肉が大量に余るという事態に。だが、このことが結果として千葉さんが熟成肉の魅力に気づくキッカケになった。

「お客さんが本当に全然来なくて、仕方ないから自分で捌いた牛を自分で食べていたんです。でも1頭分あるから、なかなか食べきれない。そうするうちに、肉が勝手に熟成しちゃったんだよね(笑)。それで『肉は置いたほうが美味しい!』って気づいたんです」

今でこそ笑いながら語ってくれる千葉さんは、「ピンチをピンチと思うかチャンスだと捉えるか。そこから何を学ぶかが大切」という。「大変だ」というのは誰でも言えるけど、大変=普通ではないということ。普通ではないところにはチャンスがある。そう思えるかどうか。

千葉さんがこのような考えに至ったのは、『生きがいの創造(PHP研究所)』という本を読んだのがキッカケ。19歳、24歳、27歳と人生のステージが変わるようなタイミングで3回読んだという。

本を読み、思考を深めた結果「全ての物事は人間の作り上げた“概念”でしかない、それなら新たな概念を作れば新たな価値が生まれる」と考えた千葉さんは、「自分の土俵」を作ろうと決意した。

「自分の土俵をつくる」といっても、会社員にはなかなか難しいように思えるが、そんなことはない。会社員は「リスクが少ない」という優位性を持っていると千葉さんは言う。会社員は自社の方向性に同意して入社している。つまり、自分の決断の結果、その会社にいるのだ。

「今その会社にいることに文句を言っているのは、自分自身に文句を言っているのと同じ。今の自分は過去の自分の決断の積み重ねでしかないので、今を否定的に考えるのは、自己否定しているのと同じなんです。だから、過去の自分も含め自分自身を認めることから始めないと、思い通りにいきません」

千葉さん自身、過去に「こんな風になりたい」という理想を描いて、それを実現するためにどうすればいいかを徹底的に考え、実践してきたから今の自分があると考えている。自社の新入社員にも、「起こった問題を他人のせいにすれば、一瞬でその問題から解放される。でも、それでは一生成長できない」と伝えている千葉さん。

「『こんなはずじゃなかった』と言う人がいますが、それ自体が勘違い。『そんなはず』だったんですよ(笑)」

他人や会社のせいにしない考え方を持つと、自分が成長するしかなくなる。会社が成長するのは、社員の成長があってこそ。会社が成長するから社員が成長するということはない。だから、社員の成長を促すような仕組みができていない会社は成長できないと千葉さんは考えている。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。