ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【衝撃事実】ラーメン二郎の店主たちはインスパイア系をインスパイア系と呼ばず / 店主が激白「僕らは類似郎やモドキと呼んでいる」

s10

人気ラーメン店「ラーメン二郎」といえば、コッテリ系のデカ盛りラーメンが人気であり、ヤサイやニンニクなどを増量できるシステムも絶大な支持を得ている。そんなラーメン二郎には「インスパイア系」と呼ばれているラーメン二郎に酷似した店が多数ある。

・ラーメン二郎の許可を得てない店
インスパイア系のラーメンはラーメン二郎と酷似しており、デカ盛りスタイルやスープのテイストがかなりそっくり。しかしラーメン二郎の許可を得ているわけではなく、あくまで「ラーメン二郎をインスパイアして作っています!」というスタンス。

・インスパイア系をどのように感じてる?
インスパイア系の存在を良いと感じる人もいれば、嫌だと感じる人もいるが、そこは人により大きく考え方が違う。では、本家であるラーメン二郎の店主たちはインスパイア系をどのように感じているのか?

yukichi7

・類似郎とかモドキって呼んでいる
ラーメン二郎目黒店の店主としてカリスマ的人物の若林克哉氏は、インスパイア系に対して「僕らは類似郎とかモドキって呼んでいる」と語る。ラーメン二郎の店主たちはインスパイア系をインスパイア系と呼ばないのである。

・インスパイア系とは呼びたくない?
インスパイア系が類似郎やモドキと呼ばれているとは驚きだ! 客の立場からすればインスパイア系と呼んでも抵抗がないかもしれないが、ラーメン二郎の中の人たちからするとインスパイア系とは呼びたくないのかもしれない。

s15
jirorian8

もっと詳しく読む: ラーメン二郎の店主たちはインスパイア系をインスパイア系と呼ばず / 店主が激白(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/03/28/ramen-jiro-ruijiro-modoki/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。