体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Interview with Umi Ishihara(UMMMI.) about “Garden Apartment”

still1

現役藝大生にして、シブカル祭やイメージフォーラム・フェスティバル、ポンピドゥー・センター主催の映像祭〈オールピスト東京〉で作品を発表してきたヴィデオアーティストであるUMMMI.(石原海)による初の長編映画『ガーデンアパート』が完成。本作は崩壊しそうな愛にすがって夜を彷徨う若い男女と、ひとりの狂気じみた中年の女性を長回しで追った一晩のメロドラマになっており、モデルとして活躍しつつ、写真作品やZINEも手がける篠宮由佳利らが出演。2018年大阪アジアン映画祭で上映され、3月30日にGalaxy銀河系で東京初のお披露目も決定するなど高い関心を集めている。UMMMI.名義でのヴィデオアートでも常に“愛”をテーマに制作してきた彼女は、初の長編映画でどのような物語を展開するのかーー。

———『ガーデンアパート』は現実的なのにどこか寓話が感じられる内容だと思いました。設定ではなく、感情面というか、ひかりの冷たさや太郎のだらしなさなど、それぞれの登場人物の性質に具体性があって。同時に、どうしても一人にはなれないというのも寓話的だなとも思いますし。

石原「映画の設定だけ見ると、100パーセント作り物だなと思う人が多い気がするんです。夜遊んで、お酒を飲みまくって、働かなくて、プラスチックみたいにフェイクだと。でも性質に現実を感じていただけたというのは嬉しいです。ああいったような、一人になりたいという気持ち、誰もいないところに行きたいというのは、他者がいる限り愛を求めてしまうという逃れられないカルマについて、考えてしまうからかもしれません。自分がひとから愛されない状態であることが納得できる状況に自分を置きたいという飢餓とも言えるような気もします。ひとと真剣に関係性を築こうとして愛されずに傷つくくらいだったら永遠に一人で生きていこう、という宣言でもあるというか。
アタシはいつも愛について考えているんですが、たぶんそれは愛が何かわかっていない反動なのかもしれません。本当は愛を信用していないめちゃくちゃ寂しい人間で、ひとと話すのも怖いんです。でも自分がこの先生き延びるための盾というか砦のような概念として、見えないものや、愛を信じようとしています。そんな中で私に出来ることは、今そばにいるひと、お世話になっている人生の先輩、いつも会うだけで生き返る心地のする大切な友達、目の前で一緒にビール飲みながら話しているひと(りょうこさん)など、そういったいま手の中にある手札を盲目的に信じながら、愛が揺らぎつつ生きることであって」

——まさにそういったUMMMI.さん自身の概念や揺らぎが描かれた作品でもありました。

石原「そうですね。小さい頃から家に親がいないことが多くて、引っ越しも多かったんです。中学からは親と離れて寮みたいなところで暮らすようになって、そういう寂しさが染み付いているというか、愛に馴染めないところがあります。アタシは人を好きになると、『早く死なないかな』って思ってしまう。今後そのひとが他の人を好きになるかもしれないとか、耐えられなくて。だから一緒にいて最高に楽しい時に死んでくれたら良いのになって。ひとには言えない背負っている絶望みたいなものが拭いきれないのかもしれません。恋人とどんなに愛し合っていたとしても、終わりを見つめていくだけの過程にすぎないなって思っています。最近絶望的なことがあったので、めっちゃ暗いこと言ってますね(笑)」

s1

——(笑)。その向き合いたくないところにちゃんと対峙して作品を作っているという勇気を賞賛したいし、作品にオリジナリティがあるのはそれゆえだと思います。自身も揺らいでいるからこそ鋭敏に他者の感情の動きを見ていて。そして、この映画にマジックをかけているのが音楽です。素晴らしい選曲でした。

石原「大好きな4人のミュージシャンにお願いしています。普段からよく聴いている、不器用さとナルシスティックさと美しさがすごいバランスで同居したような音楽を作るCemetary。オーストラリアの女性ミュージシャンのScrapsはそんなに有名ではないのですが、実際に現地でライブを観て『いつかこの人のドキュメンタリーを撮りたい』と思わされたほど凄い人です。出演もしてくれたガールズたちのひとりであるALMAちゃんがライブしてくれているシーンもすごく気に入っています。2年前にALMAちゃんだけをフューチャーした短編の映像を撮ったりと、一緒にいると柔らかい心でインスパイアされる、めちゃくちゃ大好きな女の子です。彼女とはまた近いうちに新しいプロジェクトをやりたいねと話しています。あと、感動したのは戸張大輔さんの音楽を使えたこと。アンダーグラウンドのレジェント的存在の方で、10年に一度しかアルバムを出さないんです。全く知り合いではないんですが、どうしても使いたくてダメ元でレーベルに連絡したらお返事が返ってきて、すごく嬉しかったです。それで、オープニングに使わせてもらいました。映画の良いところは、人生が音楽と密接にあるように、映画も音楽と密接にあるところだなと改めて思いました。
本当に、音楽にはいつも助けられています。実はこの映画を作り始めたのは3年前で、撮影は2年前の夏。当時の感覚としては『うまくいってないのかも』というのがあって。演出も内容も具体性を帯びすぎていたような気がして悩んでいました。周りから早く編集しろと声かけられるけれど全然手をつけられかった時期があったのですが、ある段階で『映画なんて面白くなくていい』という気持ちになったんです。例えば何かを作らなければ生きていけないひとがいたとして、そこで真に重要になってくるのは、出来上がったものよりも、そのひとが『作ることを渇望していた・そして誰に見られるかもわからない作品を作らないと人生が進まなかった』という事実なんじゃないかなと。映画もそれでいいじゃないかと思ったんです。そう思えたことでやっと編集も出来て、映画祭にも応募しはじめたり。いつか長編映画を撮りたいと中学生の頃からずっと思っていたので、今回ようやく実現できました」

still5

——その長く思い描いていた長編が『ガーデンアパート』であった。タイトルの意味を教えてください。

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。