ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界初の自動操縦除雪機「Yeti」、ノルウェイの空港でテスト運用

空港の滑走路が閉鎖されるのはそう珍しいことではない。さまざまな理由があるが、中でも北国で多いのが積雪によるもの。飛行機のスリップを防ぐため、除雪する間、滑走路を閉鎖する。

この除雪作業、なかなかコストがかかるのだそう。広い滑走路を走らせる除雪機を備えるのはもちろんだが、経験豊富なスタッフを24時間待機させておくためだ。

そこでスウェーデンのテック企業が開発したのが自動操縦で動く除雪機「Yeti」。このほど、ノルウェイの空港でデモンストレーションが行われた。

・サッカー場670個分を1時間で

デモが行われたのは、ノルウェイの首都オスロから200キロほど北にあるファーゲルネス空港。雪がたっぷり残る中、2台のYetiが除雪を行い、性能が確認された。

開発元のSemconによると、Yetiは長さ20メートル、幅5.5メートル。気象条件にもよって変わるが、おおむね1時間で670ものサッカー場に匹敵する面積の除雪が可能とのこと。

・効率的に除雪

デモ走行をとらえたビデオには、運転席が無人のYeti2台が横に並んで走行し、着実に除雪する様子が映っている。

自動で除雪するだけでもすごいが、もう一つのポイントは除雪パターンをコントロールできるシステム。どういうことかというと、複数の除雪機を投入するとき、マシーンをバラバラに動かすのではなく、並走させることで効率良く除雪できる。そのパターンを空港のニーズや投入台数などに合わせて設定できるのだ。

空港閉鎖や飛行機の離発着の遅れをできるだけ回避するのは空港管理者の使命。Yetiは世界中の雪の多い国で空港常備機となるかもしれない。

Semcon

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。