ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅が2倍お得になる!経由便のチケットにあるストップオーバーって知ってる?

ストップオーバーって?

 旅が二倍お得になる!経由便のチケットによくあるストップオーバーって知ってる?
ストップオーバーとは、日本語で途中降機と言います。目的地に向かう乗り継ぎの地に、24時間以上滞在することを意味します。例えば、東京ーフランクフルトーパリのフライトだったとします。ストップオーバーを利用すると、フランクフルトで乗り継ぎをすぐにせず、2〜3日滞在することができるのです。ストップオーバーを利用すれば、一度の旅行で2カ国観光できるので、旅が二倍もお得になります。

トランジットやオープンジョーとはどのように違うの?

 旅が二倍お得になる!経由便のチケットによくあるストップオーバーって知ってる?
経由便でよく、トランジットとオープンジョーというワードも出てきますよね。ストップオーバーとどのように違うのでしょうか。

トランジットとは、乗り換えを意味します。ストップオーバーでは空港の外に出られるのに対して、基本的にはトランジットでは空港内で待機しなければなりません。しかし、空港によっては、トランジットツアーを開催しているところもあるようで、乗り継ぎで5時間以上待たなければならない時などは、一度空港を出て、観光することも可能です。

オープンジョーとは、行きの到着地と帰りの出発地を変える周遊型のチケットです。例をあげてみましょう。出発が東京ーパリ、帰国はロンドンー東京で航空券を買います。パリーロンドン間はローカルの鉄道や航空会社を利用して移動します。また、パリーアムステルダムーロンドンなど、何カ国も自由に移動することができるので、周遊旅行をしてみたいという方にオススメのチケットであります。

ストップオーバーのお値段

 旅が二倍お得になる!経由便のチケットによくあるストップオーバーって知ってる?
ストップオーバーは、航空会社にもよりますが、無料から数万円でできます。無料でストップオーバーできるなら、1〜2日ほど乗り継ぎの国で滞在して観光してみるのもいいですよね。

ストップオーバーの間の荷物は?

 旅が二倍お得になる!経由便のチケットによくあるストップオーバーって知ってる?
ストップオーバーで乗り継ぎの国で降りる場合は、基本的には預けた荷物は一旦引き取ることになります。航空会社によっては、経由の地で荷物を引き取ることはなく、目的地まで送られるという話も聞いたことがあるので、航空会社に確認してみてくださいね。

ストップオーバーのチケットの取り方

航空会社のサイトで、どのようにストップオーバーのチケットを取るのかみてみたいと思います。今回は、キャセイパシフィック航空のサイトで関西ーパリ、乗り換えの地である香港で2日間ストップオーバーする航空券をシミュレーションしてみます。どの航空会社も予約のページで、片道、往復、二都市以上/途中降機または周遊、複数都市の航空券を選択できるようになっているかと思います。ストップオーバーの航空券を購入するには、二都市以上/途中降機または周遊、複数都市を選びましょう。

 旅が二倍お得になる!経由便のチケットによくあるストップオーバーって知ってる?
(C)北川菜々子

まず1便に、大阪ー香港、2便目に香港ーパリ、そして3便目はパリー大阪(帰国)と記入します。そして検索をかけると、運賃がこのように表記されます。

 旅が二倍お得になる!経由便のチケットによくあるストップオーバーって知ってる?
(C)北川菜々子

また、自分でチケットを取るのは心もとないという方は、旅行代理店でストップオーバーを利用したいということを相談してみると、色んなチケットをみていただけると思います。

筆者の周りではストップオーバーを利用して旅をする人も多く、経由便は乗り継ぐのが面倒だと思っていたけれど、ストップオーバーすることによって、旅を二倍に楽しむことができるようになったと話してくれました。次回の旅では、ぜひストップオーバーを利用してみる海外旅行の計画を立ててみてはいかがでしょうか。

[Japan Airlines]
[H.I.S]
[Photos by shutterstock.com]
旅が2倍お得になる!経由便のチケットにあるストップオーバーって知ってる?

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。