体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「笑ってはいけない」のネタアイテム決定!? ダウンタウンの可動フィギュア予約開始!

kpb-007894

ダウンタウンの2人をそれぞれ約1/12サイズで立体化したフュギュア『S.H.Figuarts 浜田 雅功』、『S.H.Figuarts 松本 人志』の予約受付が、本日3月16日(金)16時にスタート!

kpb-007888-1

数多の冠番組を抱えるお笑いコンビ「ダウンタウン」の浜田 雅功さん、松本 人志さんを「S.H.Figuarts(エス.エイチ.フィギュアーツ)」ブランドより全長約150mmのフィギュアとして商品化。

※すべての画像が表示されない場合はガジェット通信からご覧ください。
https://getnews.jp/archives/2026202[リンク]

kpb-007896

全身18箇所が可動するため、様々なポーズが再現可能! 見慣れた番組の見慣れたシーンを再現できます。

kpb-007834 kpb-007857 kpb-007829 kpb-007864 kpb-007833

さらに笑い顔と怒り顔2種の交換用表情パーツや左右5種ずつの手首パーツも付属しており、バリエーション豊かに躍動感あふれる2人をフィギュアで表現して楽しめる!

kpb-007850 kpb-007819

松本さんのボディはマッチョな体型を再現。

魂のデジタル彩色技術でリアルさを追求

人物の膨大な資料を、フィギュアの原型師と3Dデータ制作班が共同で徹底検証し、立体インクジェットプリントにより、実在の人物の顔をリアルに表現する彩色技術です。人物像の徹底的な検証は、そのまま緻密なデジタル造形に反映。顔の輪郭、ほお骨や目元の立体感やシワ等の特徴的なディテールが、デジタルならではの精密なクオリティで表現されています。

kpb-007853 kpb-007825

完成した造形データは3Dプリンターで立体出力され、原型師自らの手作業により微調整や仕上げが施されます。従来の塗装技術では表現が難しかった「細かな皮膚の陰影」、「瞳のグラデーション」などを追求した彩色データを作成し、インクジェットプリントによるミクロレベルの彩色クオリティで約2cmサイズの顔パーツの中にそれらの精密な彩色を実現しています。

kpb-007842 kpb-007872 kpb-007844 kpb-007880

「年末の笑ってはいけないの机の引き出しアイテム決定だな」「思ったよりフィギュアとしての出来はいい」など話題のこのフィギュア。

ネットでは、「山崎も欲しい」「田中も欲しい」などの声もあがっていますが、まずはダウンタウンの2人を揃えてから! 準備数に達した場合、予約期間内でも販売を終了する場合があるので、逃したくなければ早めの予約を。

商品名  :S.H.Figuarts 浜田 雅功
      http://p-bandai.jp/item/item-1000123645/?rt=pr
      S.H.Figuarts 松本 人志
      http://p-bandai.jp/item/item-1000123644/?rt=pr[販売ページ]
価格   :各6,480円(税込)(送料・手数料別途)
対象年齢 :15才以上
販売ルート:バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」、他未定
予約期間 :2018年3月16日(金)16時~
      ※終了日は商品販売ページにて後日公開予定です。
商品発送 :2018年8月予定

(C)YOSHIMOTO KOGYO

ぽんの記事一覧をみる
ぽん

記者:

テレビが好きだポン。NHKの受信料はちゃんと払ってるポン。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。