ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

集団の生命力 写真集『MIZUGI』刊行記念 横浪修 × 祖父江慎 トークイベント

Osamu-Yokonami-Mizugi-00

写真家である横浪修の新刊『MIZUGI』(LIBRARYMAN刊) の発売を記念し、作家本人に加え、多くの仕事を共にしてきた祖父江慎が出演されるトークイベントが開催。

ファッション誌、広告等で活躍する日本人フォトグラファー・横浪修の作品集は作者がかねてより制作してきた「Assembly」シリーズの延長上にありながら、人の体温や湿度といった生命力を感じることを目的として肌の露出が多い水着をテーマとして選び、とりわけクローズアップでの撮影を採用している。
シリーズが持つ匿名性を「MIZUGI」にも引き続き与えることで、集団のポートレートとしての強さが引き立つ。

本作はフランスとスウェーデンを拠点とする出版社「LIBRARYMAN」の季刊写真集プロジェクト「Seasons Series」の一作目(Spring)として刊行。
あるカテゴリーにあてはまるアーティストたちが、一つの同じ条件のもと一冊の本の形で表現するという一貫した企画だが、それぞれの作家が持つ視点によって個々の違いが表出する。
かつ、季節ごとに登場する作家のセレクションとコンテンツが各々の作品そのものを際立たせながらも、全作品集を通してサイズやページ数、デザインは統一される。
四季を用いる手法は、韓国の映画監督キム・ギドク(Kim Ki-duk)の映像作品「春夏秋冬そして春(英題: Spring, Summer, Fall, Winter… and Spring)」(2013)から着想を得ており、
四季を生涯に見立て様々な俳優陣が一人の主人公の一生を演じているこの作品は、湖中の庵に暮らす一人の父的存在が印象的である。
この映像作品はとりわけ四季の風景の移り変わりに沿った物語の形式であり、そのことが主人公の成長に影響を与えているが、
今回の企画「Seasons Series」は、各作品が季節の違いを感じさせつつも、シンプルかつ深遠なアイデア、その精神性や人間の情熱を軸とする。

Osamu-Yokonami-Mizugi-02

『MIZUGI』(LIBRARYMAN) 刊行記念
横浪修 × 祖父江慎 トークイベント

日時:2018年3月31日(土) 14:00-15:30(開場 13:30~)
場所:青山ブックセンター本店 大教室
   150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67
   コスモス青山ガーデンフロア (B2F)
料金:1,350円
定員:110名様
お問い合わせ:03-5485-5511
詳細ページ:http://www.aoyamabc.jp/event/mizugi/

書籍情報:「MIZUGI」(LIBRARYMAN, 2018)
https://twelve-books.com/products/mizugi-by-osamu-yokonami-signed

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy