体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【レポート】カネボウ「トワニー」のメイクアップ新商品を試してきた!


季節が変わると新調したくなるのが、メイク用品。


「カネボウ」が全国2000店以上の専門店で展開しているブランド「トワニー」のメイクアップシリーズ『ララブーケ』の新色が3月16日(金)に発売される。今回は、その新色を試してきた。

「トワニー」は、美しさへの最適なお手入れに導く“生体のリズム”に基づくカウンセリングを提唱し誕生。いつまでも美しく、可愛らしくありたいと願い、日常のなかでも“ときめき”を感じ、“艶めき”を忘れない。そんな感受性豊かな女性のためのブランドだ。(一部ブランドサイトより抜粋)

そのメイクアップシリーズ『ララブーケ』は、“大人の女性をブーケのように彩る”をコンセプトに展開。その商品設計には、“大人の女性”を満足させるだけの強いこだわりが感じられた。

成分に植物の恵み(ボタニカルオイルとボタニカルエキス)を配合。フレッシュな花びらを思わせる艶と発色は、しっとりと柔らかな質感を醸し出している。また、色は“ブーケ”にふさわしく、色彩豊かな花びらや枝や葉の自然なフレーム色を起用。好きな色やアイテムをセットできるカスタマイズ仕様は、自分のスタイルが確立している大人の女性には嬉しい限りだ。驚いたのが、アイカラーのケースを開けた瞬間に感じる香りだ。強すぎず、ほのかに感じるこの香り、メイクをするたびに華やかな気分になれそうだ。

また、各アイテムには花の名前やストーリーが添えられている。


たとえば春らしい柔らかなピンクの名称は「アザレアのつよがり」。そのストーリーは“ラテン語の「乾燥」が花名の語源となるアザレア。春はたっぷり水をあげないと、開花期間が短くなってしまう。乾燥に強いと言われているのに、その様がなんだか強がっているようで、とても可愛らしい。”となっている。こういったストーリーを意識しながらメイクをするのも楽しいかもしれない。

では、肝心の商品を詳しく紹介しよう。


まずは「アイカラーフレッシュ」1200円(税抜)。新色は8色で展開。うち7色は、モイスト処方によるしっとりなめらかなテクスチャーで発色のよい仕上がりに。一番濃いブラウンBR-04(グラマラスブラウン)は、モイスト処方よりオイルの量が多いグロウ処方によるクリーミィなテクスチャーで、透明感とキラめき感のある仕上がりとなっている。実際に触ってみるとその差は歴然。グロウ処方のBR-04はしっとりとした質感で見た目よりも薄づき。とても上品なブラウンなので、オフィスメイクに最適だ。



アイカラーはいつも同じ色(ブラウン系)ばかり選んでしまうのだが、「ワードローブにある服の色に合う色を選ぶのがコツ」ということで普段からモノトーンが多い私はライトカラーのBE-02(クリスタルベージュ)とディープカラーのNV-01(ミッドナイトネイビー)を選択。


何もつけていない目もとにのせると、


BE-02はキラキラと明るい目もとに。


NV-01はアイラインのようにのせると一気に目もとがハッキリし、深みが増した。発色が良く、それでいながらヨレずに夜までもつので化粧直しをする必要はないかも。


「ルージュグロッシー」3500円(税抜)はやわらかくとろけるような質感で、唇にピタッとフィットする。ほどよい艶で唇のシワを目立たなくカバーし、ふっくらハリのある印象に仕上げる。新色は6色で展開。PK-03(バタフライピンク)は春らしいピュアな色味で、人を選ばず誰にでも似合うのではないかと感じた。


ここで、私が選んだのはアイカラーと肌色に合わせたBR-01(スタイリッシュブラウン)。


何もつけていない唇にのせると、


パッと明るく、華やかになった。すごく伸びがよく、するするっと唇が色づくのが嬉しい。

個人的に“すごい”と感じたのはアイブロウ製品。


「アイブロウケーキ」3500円(税抜)はムラなく肌になじみ、しっかりとフィット。ふんわりとした眉が出来上がる。


そして「アイブロウリクイド」1800円(税抜)。全2色。リクイドタイプのアイブロウは、眉毛を自然に描き足すことができて、一本一本繊細にすっきりと描くことができる。


実はこのタイプは初めて試したのだが、こんなに良いものがこの世にあるなんて!と感動。不器用な私でもいびつな眉毛をキチンと形作ることができた。

そして、忘れてはいけない“まつ毛”。


「マスカラ」3500円(税抜)は、なめらかな艶のある液がまつ毛にフィット。ダマのない美しいまつ毛を演出する。フィルムタイプで皮脂、汗、水ににじみにくく、仕上がりをキープ。約38℃のお湯で落とせるのも魅力的だ。実際につけてみると、艶っとした黒で重たく感じない。そして、「マスカラベース」2500円(税抜)がこれまたすごい。ビューラーでくるりとさせてもお昼ごろには下がってきてしまう私の強情なまつ毛でも、カールをキープ。さらに、マスカラがまつ毛の一本一本にきちんとつくので、自然な仕上がりになる。


メイク後の感想はあくまで個人に寄るもの。いつも同じ色ばかりつけていた38歳の私だったが、普段は絶対に選ばない色をつけたり、初めて触るものを試したりして、メイクが一気に楽しくなった。何より、気分がアガる!

「トワニー」という、強い想いとこだわりが詰まった製品だからこそ実現したメイクアップシリーズ。春という、フレッシュな季節にぜひ試してみて。

『トワニーブランドサイト』( http://www.kanebo-cosmetics.jp/twany/ )

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。