ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

騒音ゼロの仮想通貨マイニング専用マシン「QC-1」はヒーター機能も

「QC-1」は、フランスのスタートアップ企業「Qarnot computing」によって開発された、ヒーター機能を兼ね備えた仮想通貨マイニング専用マシン。

空間を暖めながら、ブロックチェーンをベースとする様々な取引や仮想通貨をマイニングできるのが特徴だ。

・仮想通貨をマイニングしながら空間を暖める専用マシン

フランスのモンジュールで2010年に創設された「Qarnot computing」は、インターネットに接続でき、熱源としても活用できる、マイクロプロセッサを搭載した世界初のコンピューティングヒーター「Q.rad」を開発したことで知られている。

「QC-1」は、独自の特許技術や「Q.rad」での実績、ノウハウを活かし、5年間をかけて開発された。

ボディには木材やアルマイト(陽極酸化アルミ)を採用し、パフォーマンスと安定性に優れたグラフィックボード「SA-NITRO + RX 570」を2枚搭載。

幅65センチ、高さ62.5センチ、奥行き15センチのシンプルなデザインで、ファンやハードドライブなどのパーツを組み込む必要はなく、運用時に騒音が生じることのない静音設計となっている。

また、モバイルアプリやウェブアプリを通じて、「QC-1」の設定をモニタリングでき、マイニングのレベルやヒーターの稼働モードを作動させることが可能だ。

・高いデザイン性と静音設計が魅力

部屋を暖めながら仮想通貨をマイニングする専用マシンとしては、キプロスのスタートアップ企業「Comino」が開発した「COMINO N1」もリリースされているが、とりわけ、「QC-1」は、高いデザイン性と騒音ゼロの静音設計が魅力だ。

「QC-1」は、現在、「Qarnot computing」の公式オンラインショップにおいて、2900ユーロ(約38万円)の価格で販売されている。(文 松岡由希子)

Qarnot computing

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy