体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

合理性と高潔さを武器に戦い抜く| JAL再生を手がけた経営再建のプロ・オリバーさん(3)

f:id:kensukesuzuki:20180220174650j:plain

数々の倒産、あるいは倒産した企業を蘇らせてきた“企業再生請負人”のオリバーさんに、企業再生の仕事について語っていただく当連載。前回は見事A社の再生を成し遂げるまでに実施した改革・改善策を詳細に語っていただきました。しかしそれまでの道のりは決して平坦なものではありませんでした。時には眠れなくなるほど追い詰められたことも。そんな時、オリバーさんはどのような思いで困難に挑み、どう乗り越えたのでしょうか。シリーズ最終回となる今回は、再生に至るまでの数々の試練、事業再生という仕事にかける思いに迫りました。

オリバー・ボルツァー

1979年ドイツ・ミュンヘン生まれ。1984年日本に移住、インターナショナルスクールに入学。高校時代にスラッシュドット・ジャパン(現・スラド)の管理人に。卒業後はドイツ国立ミュンヘン大学情報学部へ入学。大学院を卒業後は戦略系コンサルティングファームなどを経て、2010年1月、32歳の時に企業再生支援機構に転籍出向。JALや水産加工会社再生を手がける。その後、投資ファンドでスカイマークの買収などに関わった後、2016年、実家の会社「SKWイーストアジア株式会社」にオーナー兼CFOに就任。

解けない問題で眠れない夜を過ごす

──A社の再生事業において難しかった点はどういうところですか?

いろいろありますが、一番は時間との戦いですね。実は初年度に黒字化したのですが、それまでがものすごく苦しかったんですよ。いろいろな変革を進めて赤字取り引きは減らしたし、経費も削減できているし、感覚的にはよくなっているはずなのですが、なぜか毎月赤字が続いて、会社の預金がどんどん減っていったのです。

スタートから半年ほど赤字が続いていたのですが、その理由が全くわからないんですよ。当然、毎月、機構に経過報告をしに行くのですが、その度になぜ赤字が止まらないんだと問い詰められて。答えがわからないのでつらかったですね。

会社には最初に機構から資金が注入されたのですが、それほど多いわけではないので、会社の預金残高がなくなった時点で即破産です。この赤字があと2、3ヵ月止まらなければ、自主廃業することも考えなければならなくなるかもしれない。預金があるうちに廃業すれば従業員に退職金を払えるし、残った借金を返せますから。人に迷惑かけないように会社を畳むことも考えなきゃいけないなと思い悩み、眠れない日々が続きました。かなり追い込まれていましたね。

でももちろん、自主廃業は最後の手段なので、赤字の理由を必死に探しました。数字は嘘をつかないので、原点にまで遡って、すべての取り引きの書類を1枚1枚チェックして、お金の動きを必死で追いました。

その結果、ついにその理由を突き止めることができました。この会社独特の商習慣による製品コストの計算方式で、一部商品では儲かっていると思ってつけた価格では実は儲かっていなかったということが判明したのです。おそらく、遥か昔に誰かが赤字取り引きをよく見せるために始めた工夫が定着し、そのまま続けられていたので、その仕組みがもはや誰も分からないようになっていたのだと思います。即刻そのやり方を改め、値付けを見直して適正価格にしたら、赤字が減って業績が上向き、初年度でなんとか黒字化できたのです。これで確実に再生できると確信をもてましたね。

社員からの猛反発はあって当然

f:id:kensukesuzuki:20180220174716j:plain

──オリバーさんは見ず知らずの会社にいきなり入って次々に改革を実施していったわけですが、そんなオリバーさんの指示を古参の社員たちは素直に聞いたのですか?

ある日突然、東京から33、4歳の外国人っぽい、しかも水産業界未経験の人間が副社長として乗り込んでくるわけですからそりゃあ反発はものすごいものがありましたよ。「素人の若造に俺たちの仕事の何がわかるんだ」と。周りは昔から会社にいる40、50代のベテランばかりでしたからね。

──そんな彼らにどう対応したのですか?

「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ」という山本五十六の言葉通りですよ。社員を動かすために、まず自分から動いていました。「これをやってください」と言っても「どうやっていいかわからない」とか「やりたくない」という社員には、「じゃあ一緒にやりましょう」と声をかけて共に汗を流し、次からはこの通りやってくださいと指示するようにしていました。

「ロジック」と「無私と利他の心」を武器に

そもそも、縁もゆかりもない、四面楚歌の状況に自ら飛び込んで行く時、私のもって行ける武器は2つしかありません。1つはかっこよくいうと「ロジック」とか「合理性」、泥臭くいうと「道理」とか「筋」です。整合性が取れていて経済合理性があること。この筋が通らないものは絶対に認めないということです。経済合理性があるビジネス、つまり黒字になるビジネスじゃないとやる意味がないし、経営が傾く会社は赤字の商売が黒字の商売が稼いだ利益を食い潰している。つまり経済合理性に欠くことをしているから窮境に陥ってしまうわけなんですよね。だから赤字の商売を全部やめたわけです。

他にも今までよく考えずにやってきたいろんな慣習1つひとつに対して、「これが本当にベストなやり方なんですか?」「これではダメなんですか」「他には考えられないんですか?」と問い詰めまくって、私が納得するような論理的な答えが返ってこないことはやめたり改善したりしました。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。