ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「勝ち負け」が必ず存在する世界。「負け」の次は“ただ”這い上がるのみーープロ棋士「渡辺明」の仕事の流儀

将棋界で初めて「永世七冠」を獲得した羽生善治氏の国民栄誉賞受賞、さらにはその羽生氏を破った中学生プロ棋士・藤井聡太氏の快進撃、また棋士が主人公の映画や漫画が人気になるなど、大きな注目が集まっている将棋界。では、プロ将棋の世界とは、いったいどんな世界なのか。将棋を職業にしている棋士たちは、どんな意識で仕事に向かっているのか。

訪れたのは、将棋界の総本山とも呼ばれる、東京・千駄ヶ谷の「将棋会館」。プロ棋士たちによって数々の名勝負が繰り広げられてきた聖地だ。JR千駄ヶ谷駅から5分ほどの場所にある5階建ての建物には、公益社団法人日本将棋連盟の本部が置かれ、2階の直営の将棋道場は幅広い年代の将棋ファンで賑わっていた。

静かなフロアへと上がっていき、大きな王将の駒が飾られた応接室に現れたのは、渡辺明(33)棋王。将棋界には、8つのタイトル(竜王、名人、王位、王座、棋王、王将、棋聖、叡王)があるが、そのひとつ、棋王の称号を手にしているのが、渡辺棋王だ。

※7つだった将棋のタイトルに、「叡王」が加わり8大タイトルとなった

竜王、棋王いずれも永世称号を持っている棋士

f:id:fujimine:20180308131503j:plain

取材をしたのは、2月12日のタイトル(棋王)防衛戦の第一局の直後。8時間にわたる熱戦を制し、勝利したわずか4日後だった。もし敗戦の後だったら……と心配していたのだが、そんな心配は無用だったらしい。

「負けていたとしても関係ないですよ(笑)。勝ちがあれば負けもある。そういう世界ですから」

とさらりと渡辺棋王。現役で活動する162人のプロ棋士の中でも、超一流の棋士であることは言を俟たない。8つのタイトルのうち、竜王と名人は双璧とされるが、弱冠33歳にして、その竜王のタイトルを9連覇し11期獲得しているのだ。連覇数も獲得数も、いずれも歴代1位の記録である。

棋王も5期獲得。竜王、棋王いずれも永世称号を持っている。70年あまりの間に300人ほどのプロ棋士が誕生しているが(このうち現役棋士は162人)、永世称号を持っている棋士はわずか10人しかいない。例えば、竜王戦の場合は「連続5期または通算7期」が有資格者の条件。とんでもなく難しいことだが、それを達成した一人が渡辺棋王なのだ。しかも、まだ33歳である。

小学校1年生のとき、アマ五段だった父に教えられて将棋を始めた。小学生将棋名人戦を小学4年生で優勝。プロ棋士を目指したのは、自然な流れだったという。

「父がやらせてみたら向いていた、ということなんだと思います。自分の強さは相対的にはわかりませんが、子どもとやってみると勝てた。今もそうだと思いますが、同年代で強いとプロを目指すんです」

将棋界には昇段規定があり、プロ棋士の養成機関である奨励会は6級から始まってプロの最上位は九段までになっている。だが、三段と四段に大きな境目がある。三段までは奨励会員と呼ばれる修行中の身で、プロ棋士ではない。対局しても基本的にお金はもらえない。それに対して四段以上はプロ棋士。対局すれば、必ず報酬がもらえる。

奨励会三段がプロの四段になるためには、年2回行われるリーグ戦に参加する。その成績上位2名だけが四段に昇格して晴れてプロ棋士になれる。

しかし、三段リーグには年齢制限が設けられている。原則としては、一部の例外規定を除いて26歳の誕生日を迎えて新しいリーグに参加することはできない。年齢も限られた狭き門なのだ。

大事なのは、事前の準備。相手の傾向で対策を講じる

小学生で頭角を現した渡辺棋王はトントン拍子で昇段、15歳のとき、中学生で四段昇段を決めた。史上4人目の中学生棋士だった。

「それは目指していました。中学生デビューした過去3人の人たちが大変な実績を持つ超一流の棋士だったからです。だから、ゆくゆくはタイトルも取れるんじゃないか、と。プロになれたときは、うれしかったですね。努力して向かった目標を、初めて達成できた瞬間でしたので。ただ、藤井聡太くんほど当時は騒がれませんでしたけど(笑)」

過去3人(加藤九段、谷川九段、羽生竜王)と比べられるプレッシャーもなかったわけではない。ただ、慌てたりすることはなかった。いつかちゃんとやれば勝てるだろうと高校生活もエンジョイした。

「もう遊べなくなるので3年間は遊ぼうと(笑)。でも、趣味や好きなことを仕事にできる人は、世の中に1%もいないと聞きます。そのありがたさは認識しないといけないと思っています。一方で勝負の世界ですから厳しさはあります。勝ちと負けしかない。引き分けはないですから」

形勢が有利に進んでいても、わずか一手で一発逆転が起きてしまうのが、将棋なのだという。それだけに、瞬時のひらめきや勘がものを言うのかと思いきや、本物のプロ棋士の世界では違った。

「大事なのは、事前の準備ですね。こういう形になるだろうとシミュレーションして、ある程度は決めていきます。時間制限もありますから、考えきるのに時間が足りないこともある。あらかじめ結論を出しておけば、有利に考えられるわけです」

相手が何をどんな手を指してくるかで、無数の状況がありうるが、相手の最近の傾向などを見て対策を講じていくという。プロ棋士の世界の凄まじさが、渡辺棋王の著書『勝負心』(文春新書)にあった。紹介してみよう。

たった10秒と思われるかもしれないが、プロ棋士は10秒あればかなりの手を考えられる。一直線の読みで言えば、ざっと20〜30手くらいは指し手が浮かんでくるだろうか。

プロ棋士は、知識を蓄積しているから、読まなくてもよい手などもあって、実際はうまく省略しながら先の手を考えている。(中略)

持ち時間が10秒もあれば、単なる「勘」で指すことはしない。プロ棋士は、10秒であっても「読む」。

つまり、必ず何かしらを考えて、その上で着手を決めるのである。多くの場合、第一感の手を指すわけだが、その限られた時間のうちに良い手が浮かんでくるかどうかが実力なのであって、日々の研鑽が大きくものを言うのである。

10秒で、20〜30手が思い浮かぶ世界。しかしそれも、日々の努力あってこそ、なのだ。

集中力を上げようと思ったことはない

f:id:fujimine:20180308131833j:plain
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy