ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

愛と死を衝撃的に描いた、ミヒャエル・ハネケ監督の最新作

1803112

『白いリボン』『愛、アムール』で二度にわたって、カンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールに輝いたミヒャエル・ハネケ監督の最新作『ハッピーエンド』が公開中。

カレーに住むブルジョワジーのロラン家。3世帯が共に暮らし、同じテーブルを囲んで食事をしても、お互いの思いには無関心。そんな中、とある出来事がきっかけで、祖父のジョルジュは疎遠になっていた孫娘・エヴを屋敷に呼び寄せる。幼い頃に⽗に捨てられ、愛に飢え、死に取り憑かれたエヴもまた醒めた⽬で世界を⾒つめていたが、ジョルジュによる衝撃の告白が、エヴの閉ざした扉をこじ開けていく――。

「なぜ、やった?」「何を」――ふたりを惹きつける大きな秘密とは?

ハッピーエンド
監督・脚本:ミヒャエル・ハネケ
出演:イザベル・ユペール、ジャン=ルイ・トランティニャン、マチュー・カソヴィッツ、ファンティーヌ・アルドゥアン、フランツ・ロゴフスキ、ローラ・ファーリンデン、トビー・ジョーンズ
(2017年/フランス・ドイツ・オーストリア)
公開中
©2017 LES FILMS DU LOSANGE – X FILME CREATIVE POOL Entertainment GmbH – WEGA FILM – ARTE FRANCE CINEMA – FRANCE 3 CINEMA – WESTDEUTSCHER RUNDFUNK – BAYERISCHER RUNDFUNK- ARTE – ORF
http://longride.jp/happyend/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy