ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Interview with Joan As Police Woman about『Damned Devotion』

170415_JoanAsPoliceWoman_0516_RB_BnW

ルー・リードやアントニー&ザ・ジョンソンズとのコラボレーションでも知られるニューヨークのシンガー・ソングライター、ジョーン・アズ・ポリス・ウーマンことジョーン・ワッサー。ダムビルダーズやブラック・ビートルといった前身のバンド時代も含めると、すでに20年以上のキャリアを誇るワッサーだが、先ごろリリースされたJAPWの5作目『ダムド・ディヴォーション』は、そんな彼女がアーティストとして新たな境地に足を踏み入れた作品となっている。ドラムのプログラミングとシンコペーションにフォーカスをあて、昨今のR&Bや新世代ジャズとのシンクロも窺わせる先鋭的かつオーガニックなビート・コンポジション。そして、ウィメンズ・マーチのチャントをサンプリングした“The Silence”に象徴的なポシティカルなメッセージと、出自や人生観にまつわる長年の問いを掘り下げたパーソナルなテーマ性。そうした様々なアプローチが複雑に重なり合い、彼女の表現をより奥深いものとしている。そのあたりの背景について、ワッサーにメールで話を聞いてみた。

―ニュー・アルバムの『ダムド・ディヴォーション』を聴かせていただきました。聴かせていただいて感じたのは、パーソナルなことは普遍的なことであり、また今の時代、それは政治的なことでもあるのではないか、ということでした。あなたにとって、今回のアルバムはどんな作品になりましたか。

Joan「ええ、その通りね。このアルバムにはふたつのテーマが含まれている――それはコミュニケーション、そして、祈ったり、恋をしたり、なにかに執着しているときや、集中しているときの精神状態において、わたしがしばらく見逃してきたすべての情報を読み解いていくことよ」

―アルバム・タイトルの「Damned Devotion」ついて、あなたはプレス・リリースのなかで「私が人生においてずっと向き合っているテーマ」と話されています。このタイミングで、そのテーマ(※「どうすれば執着しすぎたり、正気を失ったりすることなく、献身的な人生を歩めるのか?」)について取り上げたアルバムを作ろうとしたのは、どんな理由からだったのでしょうか? あるいは、そうしたテーマはこれまでのあなたの作品でも描かれてきたものなのでしょうか。

Joan「そうね。このテーマは私の作品の随所に散りばめられているものなのだけれど、今回改めて取り組むべきだと思ったのは、献身的な状態でいようとするぶんだけ、自分を責めたりする時間がなくなるからよ」

―では、そのあたりの話については、後ほど楽曲についての質問のなかで改めて聞かせてください。今回のサウンドについてですが、とても表情豊かでイマジネイティヴなリズムやビートのストラクチャーが印象的です。どのようなアプローチで制作されたのか気になりますが、重視したポイントについてなど教えていただけますか。

Joan「わたしはプログラミングされたビートが大好きなの。気持ちのいいリズム・トラックを作ってから、それに合わせて曲を作って、それをヴォーカルに合うように調整するのがいつものやり方よ。ドラマーの生演奏をサンプリングすることが多くて、いろいろな種類のドラムの音を刻んで、エフェクトをかけたものがリズム・トラックの一部になっているの。わたしの声をサンプリングして変化を加えたものを、認識できない部分で使っていたりもする。ヴォーカルを重んじて、そこに焦点があたるように心がけているわ」

170415_JoanAsPoliceWoman_0511_RB_BnW

―前回のアルバム『ザ・クラシック』は、多くのゲスト・プレイヤーを迎えて制作された作品でしたが、今回このような、ドラム・パターンやシンコペーションにフォーカスをあてた音作りに向かったのは、どのような動機からだったのでしょうか。

Joan「『ザ・クラシック』のタイトル・トラックにはたくさんのゲストが参加していたけど、残りのほとんどの楽曲は、パーカー・キンドレッド(※今作の他にもアントニー&ザ・ジョンソンズの作品などに参加)とタイラー・ウッドとわたしの3人でほとんどの楽器とヴォーカルを演奏しているのよ。新しいレコードのトラックは、わたしのドラム・プログラミングがJAPWの楽曲に適しているかどうかを見極める実験として始めたものが多いの。ビートを作るってことは、明け方の4時に何かが起こるってことで、ブルックリンのアパートの夜型人間が作ったこのレコードは、この街が(もしくは、その制約のなかで)作り出したとも言えるわね」

―同時に、そうしたビートやリズムと、あなたのヴォーカルやメロディとが違和感なくシームレスに、オーガニックに溶け合っているところが今作の素晴らしさだと思います。そうした全体の構成やプロダクションについては、どんなところに意識を置いて制作に臨まれましたか。

Joan「うれしいわ! わたしが自宅のスタジオで作ったトラックにトーマス・バレット(※ダブマン名義で活動するプロデューサー。スフィアン・スティーヴンスやライとの共演も)がキーボードを、パーカー・キンドレッドがドラムを重ねて演奏したのよ。彼らはものすごく繊細なプレイヤーで、とても味がある演奏をするの。わたし自身は、ヴォーカルと、バックコーラス、そのダブ処理に時間を多く費やしたわ。それからルーク・モエルマンと一緒にミックス作業をして、不要な部分をすべて取り除いたの」

170415_JoanAsPoliceWoman_0635_RB_BnW

―“Valid Jagger”は、終盤で流れる壮麗なエレクトロニクスのアレンジが印象的でした。この曲はどんなふうにして生まれた曲なんでしょうか。

Joan「ありがとう! それはオムニコードと呼ばれる奇妙な楽器のおかげね。暑い暑い夏の日に、自転車に乗っているときに書いたリフレインについて聞かれるのはなんだか面白いわね。家に帰ってから、壊れたピアノでコードをつけたの。イースター・バニーとロック・センターについての詩はおもしろ半分で思いついた。最後のアルペジオの部分は、聴いている人に予想外の喜びがまるで津波のように押し寄せてくるように感じて欲しかったの」

1 2 3 4次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy