ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

AI搭載のミニセグウェイ「Loomo」は障害物を避けて自動走行!

セグウェイに乗ったことのある読者もいるだろう。立ち乗り電動二輪車で、重心移動で進行方向を操作できるスマートな乗り物として一世を風靡した。

その開発元Segway Roboticsから、よりスマートな移動ツールが登場した。セグウェイよりもコンパクトながらコンピューターや人工知能(AI)を搭載し、障害物を自動で避けたり、人の後を付いてきたりする「Loomo」だ

・ハンドルなし

Loomoはセグウェイと同じく二輪タイプ。ステップに足を乗せ重心移動で好きな方向に走行できるのも一緒だ。

ただ、セグウェイのようにハンドルはなく、かなりコンパクトで約65センチと大人の膝ほどの高さ。ハンドルはなくても、安定した自立走行が可能という。

ちなみにトップスピードは時速18キロ、フル充電で約35キロ走行できる。

・“頭脳”を持つロボット

また、両足の間に、“頭脳”となるコンピューターやHDカメラ、超音波センサーなどを搭載しているのもセグウェイには見られない点だ。

Intel社のRealSenseセンサーも活用し、周囲を“見て”行動する。つまり、Loomoは乗り物機能を持つロボットなのだ。

例えば、「Follow me(付いてきて)」というと言葉を理解し、障害物を自分で避けながらご主人様の後を付いてくる。Loomoのカメラの前で、両手でフレームのようなジェスチャーをすると写真も撮ってくれる。

・数量限定で14万円

マーケットに出回っているステップ式の電動二輪車とはまた違うジャンルの乗り物と言えそうなLoomoは、このほどクラウドファンディングサイトIndiegogoに登場したところ、すぐに資金調達目標額10万ドルを達成。

どちらかというと、資金を調達するというより、知名度を上げるためのキャンペーンのようだ。

予定小売価格は1799ドル(約19万円)だが、Indiegogoでは1299ドル(約14万円)〜とお得に入手できる。しかし、最安値パッケージは数量限定なので興味のある人は早めにチェックした方がよさそう。

あと1カ月ほど出資を受け付けたのち、5月には発送が始まる見込みだ。

Loomo/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy