ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

3年間一貫して撮り続けた表層、表面への追求を形に。ハーレー・ウィアー作品集発売&サイン会開催

Harley Weir_Announcement

イギリス人フォトグラファー、ハーレー・ウィアー(Harley Weir)が来日。作品集発売に際して3月9日(金)13:00-14:00 に代官山 蔦屋書店でサイン会を開催する。

Harley Weir_Paintings_02

親密で刺激的なアプローチによるポートレート写真で知られる作者が、本作では他者を撮影する行為において重要となってくる信頼、権力、同意への懸念を払拭しようと試み、今まで取り組んできた従来の表現方法から脱却したような作品を収録した本作。短くリズミカルなシークエンスが感じられる構成は、軽やかにページを運ばせ、作者が過去3年間一貫して撮り続けた表層、表面への追求を表現した色やリズム、シルエットが共鳴し合う形でまとめられている。

Harley Weir_Paintings_03

作中のイメージは、文脈や場所というしがらみの外で考察されることを目指して作られ、写真の構図や構成の出発点にあたる場所に作品を立たせると同時に、純粋な1イメージを探求した結果として生まれたパーツとしてシルエットを作る。明確なルールと基準に沿いながらも、作者は自身をイメージづくりの行為から消し去ろうと試みかつ自身の即時性や気ままさを落とし込んだ1つの過程として写真と対峙している。

Harley Weir_Paintings_05

とはいえ、本作において作者のこれまでの制作の至るところで明らかに見られた緊張感や葛藤も強調されている。表層的なものや境界に縛られないこと、カメラと被写体との間に生じる不安定な関係性、そして写真という枠に常につきまとってくる能力の選択と制約。こうした意識において本作のイメージは、ファッションやエディトリアル、ポートレート写真というジャンルで見られた作者の多様な表現からの解放であり、同時にそれらを映す鏡としても捉えられる。

Harley Weir_Paintings_04

Harley Weir サイン会
“Paintings”

日時:2018年3月9日(金) 13:00-14:00
場所:代官山 蔦屋書店2号館 1階 ブックフロア

Harley Weir_Paintings_01

対象書籍「Paintings」(Loose Joints, 2017)
詳細はこちら

Harley Weirウェブサイト

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy