ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ディズニーパークをGoogleストリートビューで閲覧可能に

ディズニーファンに朗報。Googleはこのほど、Googleマップのストリートビューに、米国フロリダ州のウォルト・ディズニー・ワールド、カルフォルニア州のディズニーランドにある11のパークを加えたと発表した。

長旅せずに、お手軽にパークの雰囲気を楽しめる。

・居間にいながらパーク散策

そろそろゴールデンウィークの計画を立てる人もいるだろう。長めの連休とあって海外旅行を考えている人もいるのでは。

渡航目的地として海外のディズニーパークは根強い人気があるが、本家の米国まで行くのは正直日本からだと大変。長時間のフライト、そして時差ボケと闘わなければならない。

そこで、おすすめしたいのがGoogleマップのストリートビュー。このほど11のディズニーパークを加え、居間にいながらパークを“うろつく”ことができるのだ。

・好きなポイントに瞬間移動

加わったパークは、マジック・キングダム、ハリウッドスタジオ、ミッキーとミニーの家、エプコット・モロッコ館、ディズニー・スプリングスなど。

ストリートビューなので、画面をぐりぐりと動かして周囲を見渡すことができる。また、左下に表示さる小さなマップのウィンドウには、周辺の閲覧可能なポイントが示されるので、気になるところにすぐに移動できるのも便利。実際にパークに足を運ぶ予定がある人にとって、下調べにも使えそうだ。

ディズニーファンの人、ゴールデンウィークを待たずして自宅でくつろぎながら米国のディズニー行ってみる?

Google Blog

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy