ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

若者たちの感情の揺らぎを描く、岡崎京子の人気作が映画化

1803061

1993〜1994年にかけて雑誌『CUTiE』で連載されていた岡崎京子の代表作『リバーズ・エッジ』が、行定勲監督により映画化。

若草ハルナは、彼氏の観音崎が苛めていた同級生の山田を助けたことをきっかけに、彼が「見ると勇気が出る」という河原に放置された死体の存在を知る。さらに、宝物として死体の存在を共有しているという後輩でモデルのこずえが現れ、3人は特異な友情で結ばれていく。そんなある日、ハルナは山田から新しい死体を見つけたという報せを受ける──。

欲望、焦燥、空虚さ……複雑に入り混じる感情を繊細に切り取った本作。二階堂ふみ、吉沢 亮ら若手俳優による体当たりの芝居にも注目を。

リバーズ・エッジ
監督:行定勲
出演:二階堂ふみ、吉沢亮 ほか
(2018年/日本)
公開中
©2018「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社
http://movie-riversedge.jp/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy