ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ディオールから化粧直し要らずの24h美肌が続く新発想ファンデーション

1803043

ディオールから新ファンデーション「ディオールスキン フォーエヴァー アンダーカバー」が誕生。2018年3月2日(金)より発売される。

「気になる部分をカバーできて、化粧直ししなくてもいいほど長持ち、さらに時間をかけずに理想の肌を手に入れたい」そんな多くの女性たちのニーズに応えるべく、ディオールがこの春「ディオールスキン フォーエヴァー アンダーカバー」を提案。それは、くすみや赤み、毛穴などの多くの女子が持つ肌悩みをカバーする肌色補正の効果と、触れても触れられても24時間くずれにくいロングラスティング効果をどちらも持ち合わせた理想的なファンデーションだ。

1803044

まずは下地から。ウォーターベースの「ディオールスキン フォーエヴァー アンダーカバー」は、つけていることを忘れてしまうほどの軽いつけ心地が特徴。その軽さとは裏腹に、素肌に溶け込むようになじみつつ、高いカバー力で肌色をコントロールしてくれる。その軽さとカバー力のヒミツは高濃度ピグメント。まるで肌と一体化するようになじみ、軽やかで見た目も厚ぼったくならない。
さらに化粧くずれの原因となる皮脂を吸収するパウダーが含まれ、時間が経ってもくずれにくいのもポイント。無意識に頬を触ってしまったり、髪の毛に触れていたりといった刺激にも強い“キス&タッチプルーフ処方”を採用している。

1803045

カラーは日本人の肌色になじむライトカラーからダークシェードまで幅広いバリエーションで厳選された6色。

1803046

作年、同シリーズから発売された「ディオールスキン フォーエヴァー クッション」の限定デザインも同日発売。パッケージは“カナージュ”仕立てになっており、ラグジュアリーな佇まいになっている。全5色のカラー展開で、どれもまるで光を宿したかのように、みずみずしくマットな肌に仕上がる。

■ディオールスキン フォーエヴァー アンダーカバー 全6色 各5,500円+税
■バックステージ フルイド ファンデーション ブラシ フルカバー 6,000円+税
■ディオールスキン フォーエヴァー クッション リミテッド エディション 全5色 各6,900円+税[限定品]
2018年3月2日(金) 発売

公式サイト
https://www.dior.com/home/ja_jp

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。