ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

体の芯までポカポカ ノルウェーの海の幸スープ フィスクシェッペ

1803011

ノルウェー語でフィスクは魚、シェッペはスープの意味。魚介類が豊富に取れるノルィエーでは国民的料理といっても過言ではありません。
ノルフェーの海の幸の旨味がぎっしり詰まった具沢山暖かスープレシピを今回は紹介します。
1つ目は伝統的なレシピ、2つ目は、伝統的なものよりもスパイスを加え、豊富な根菜類と砂糖ではなく、白ワインとブランデーで甘さを加えたレシピをご紹介します。

<タラのフィスクシェッペ>
■材料
・無塩バター 大さじ6
・にんにく(みじん切りにしたもの) 4かけら
・セロリ(みじん切りにしたもの) 2本
・玉ねぎ(みじん切りにしたもの) 1個
・ピーマン(種を取り、千切りにしたもの) 1個
・ネギ(小口切り) 1本
・コーシャソルト、黒胡椒 適量
・人参(中、輪切り) 2本
・パースニップ(皮をむいてみじん切り) 1個
・セロリアック(皮をむいてみじん切り) 1個
・新じゃがいも(皮をむいて半分にカット) 4個
・魚のだし 3カップ
・牛乳 2カップ
・生クリーム 1カップ
・ウスターソース 大さじ1と1/2
・タラの切り身(骨なし、皮なし、50mmにカット) 910グラム
・ディル(刻んだもの) 1/3カップ
・パセリ(刻んだもの) 1/4カップ
・レモンジュース 1個分
・パン(お好みで)
■作り方
1.中火にかけた鍋にバター、にんにく、セロに、玉ねぎ、ピーマン、ネギを入れ、塩胡椒で軽く味付けをします。材料が柔らかくなるまで、8−10分炒めます。
2.更に、人参、パースニップ、セロニアック、じゃがいも、魚のだし、ミルク、クリーム、ウスターソースを入れ、沸騰させます。
3.野菜が柔らかくなるまで中火で、かき混ぜながら約25分煮込みます。
4.タラを入れ、タラが崩れないようにゆっくりまぜながら、約6−8分に火にかけ続けます。
5.ディル、パセリ、レモンジュース、塩、胡椒で味を調整したら出来上がり!
6.パンと一緒にお召し上がりください!

1803012

<魚介のフィスクシェッペ>
■材料
・魚のだし 6と1/3カップ
・ベイリーフ 1枚
・パセリ 適量
・胡椒の実 12粒
・人参(ざく切り) 2本
・セロリ(ざく切り) 2本
・ネギ(縦に半分に切り、横にうすくるライスしたもの) 1本
・ドライ白ワイン 1/2カップ
・ブランデー 1/4カップ
・ヘビークリーム 1と1/4カップ
・鮭の切り身(2センチの正方形にカット)99グラム
・エビ(皮をむき、下準備をしたもの) 99グラム
・タラの切り身(2センチの正方形にカット) 141グラム
・ハマグリ(殻付き) 226グラム
・細かくしたチーズ 適量
■作り方
1.大きな鍋に魚のだし、ベイリーフ、パセリ、胡椒の実、人参、セロリ、ネギを入れ10分間煮込みます。
2.1に、ワイン、ブランデーを入れ、更に5分煮込み、クリームを入れます。
3.スープが煮詰まったら、鮭の切り身、タラの切り身、ハマグリを入れ、1−2分火を通し、エビを入れます、更に1−2分火にかけたら出来上がり。
4.パセリ、チーズをふりかけたら出来上がり!

スープは消化にも優しいので、遅い時間のお夜食にも、夕食のお供にも最適ですので是非お試しください。

「SAVEUR」
https://www.saveur.com/article/Recipes/Norwegian-Cod-Vegetable-Chowder
「Outside-Oslo」
http://www.outside-oslo.com/2013/05/28/bergen-fish-soup-bergensk-fiskesuppe/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy