ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Gapがロゴをテーマにした『Archive Reissue: Logo Remix Collection』を発表

rchive Reissue- Logo Remix Collection

Gapからロゴをテーマに、これまでのブランドの歴史を集約したカプセルコレクション『Archive Reissue: Logo Remix Collection』が発表された。

Gapが約50年にわたり表現し続けてきたブランドの過程を、Tシャツ・スウェットシャツ・ラグビーシャツといったGapのシグネチャースタイルに投影させたコレクションとなっている。これまでのブランドの歴史に登場したアーカイブロゴにダメージ加工をさらに施すことで、新たに“リミックス”されたデザインに仕上がっている。

今回のコレクションのローンチに先立ち公開される映像作品では、世界を牽引するカルチャーのリミックスの実践者たちが、音楽と体の動きによって呼び覚まされた喜びの瞬間を共有し、Gapの過去の広告へのオマージュを、現代性と“リミックス”し表現する。

キャストには、世界中の音楽・演技・コメディ・社会活動の幅広い分野から、クリエイティブカルチャーの“リミックス”を実践している個性豊かなメンバーが登場。
グラミー賞候補の歌手Sza(シザ)や、チャート上位常連のプロデューサーであり、映像の音楽のリミックスも手がけたMetro Boomin(メトロ・ブーミン)。さらには日本からは、アメリカの各地を回るワールドツアーなど、最近では活躍の場を世界に広げ、日本を代表するコメディアンとしている活躍している渡辺直美が参加している。

ディレクターは、Florence and the Machine(フローレンス・アンド・ザ・マシーン)やJessie J(ジェシー・ジェイ)などのミュージックビデオを手がけたTabitha Denholm(タビサ・デンホルム)が務め、パフォーマンス&ムーブメントディレクターには、Beyonce(ビヨンセ)やDrake(ドレイク)、Rihanna(リアーナ)とのパフォーマンスで著名なTanisha Scott(タニーシャ・スコット)を迎えた豪華な作品となっている。

Gapのチーフマーケティングオフィサー、Craig Brommers(クレイグ・ブロマーズ)は 「昨年2017年に発表し大きな反響を呼んだ『90s Archive Reissue(ザ ナインティース アーカイブ リイシュー)』に続き、自分自身の方法でReshaping(形を変え)、そしてRemix(再構築)する才能の持ち主たちに焦点を当てた『Archive Reissue: Logo Remix Collection』をローンチします。Gapは、いつの時代もカルチャーと共にあり、それをメインストリームに届けてきました。本キャンペーンでは、今回キャスティングした世界で活躍する逸材たちにスポットライトを当てる以上の方法は他にないと思います」と述べている。

『Archive Reissue: Logo Remix Collection』
取り扱い:全国のGAPストア、GAP アウトレット、The Gap Generation、Gap Factory Store ※ストアによっては一部取り扱いのないアイテムもあり
【問い合わせ先】
GAP フラッグシップ原宿 TEL:03-5786-9200
Gapオンラインストア http://www.gap.co.jp/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。